【月曜から夜ふかし】では、“挨拶が長過ぎる”という

お店を調査。

スポンサードリンク

その“挨拶が長すぎるお店”は豊橋市にある

「清水庵」。

 

どうやらうどんやそばがメインのお店のようですね。

では、早速、スタッフが入ってみる事に。

早速“長すぎる挨拶”でお出迎え!

「いらっしゃい」

で、終わらないのがこのお店の挨拶!

確かに

長い!

え?いきなり

「ども!」

ですか?(笑)

これで終わり?

じゃなかった!!

まだ続きますよ☆

なかなかな伸ばし様ですよ

まだ伸びます!

なぜかやっぱり最後は

「どうも!」

なんですね(笑)

という訳で、この“挨拶が長すぎる”この方

『清水庵』店主の河内克泰さん。

早速どうして挨拶が長いのかを尋ねてみるスタッフ。

dsc_8563

どうやら、修行をしていた頃からこんな挨拶だったそうです。

始めから挨拶がこんなに長かったのか、少々、疑問が残る所です。

なぜなら、

“修行の当時からこういう声でお客様に挨拶をしていたので、

自然にこういう声になった”と

答えていらっしゃるので、

“挨拶の言葉がどうして長いのですか?”という問いを

“どうしてそんなに声が通るんですか?”という問いだと

思ってお答えになったのでは?と。

 

まぁ、とりあえず、修業時代からの名残、ということですね。

 

この長い挨拶、もちろんお客様がお帰りの際も

長かった!!

続きは次のページへ!!