現在コンサートツアーで来日されている美人ピアニスト、

アリス=紗良・オットさん。

今最も優れたピアニストとして注目されている方です。

とても美人な方ですが、その演奏も素晴らしい方です。

 

今回はそんな魅力に溢れたアリス=紗良・オットさんについて

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

アリス=紗良・オットさんのプロフィール

%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%82%b9%ef%bc%91

出典:https://jp.pinterest.com

生年月日 1988年8月

出身地 ドイツ・ミュンヘン

 

アリス=紗良・オットさんはドイツ人のお父様と日本人のお母様の間に

生まれます。

家族には妹がおり、モナ=紗良・オットでピアニスト。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-7-18-00

4歳からピアノを始め、7歳にはコンクールで優勝するという快挙を

成し遂げます。

そんなアリス=紗良・オットさんは6歳の頃に「大きなったらミュンヘン・フィルと

ガスタイクホールで共演する」と作文に書いてしまうという凄いお子様。

 

その夢も21歳の時に叶えてしまします。

その後も、数々のコンクールで優秀な結果を残しています。

受賞歴

1995年  ドイツ連邦青少年音楽コンクール優勝
1997年  スタインウェイ国際コンクール優勝
1998年  イタリア・リゲティ国際コンクール優勝
1999年  ハンブルク・スタインウェイコンクール優勝および特別観客賞受賞
2000年  グロートリアン・シュタインヴェークピアノコンクール優勝
2001年  カール・ラングピアノコンクール優勝
2002年  カール・ラングピアノコンクール優勝
2003年  リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージックコンクール優勝、ケーテン・バッハ・青少年コンクール優勝および市長特別賞受賞
2004年  イタリア・シルヴィオ・ベンガーリ・コンクール優勝(史上最高得点)
2005年  ヨーロッパピアノ指導者連盟コンクール優勝
2010年 「クラシック・エコー・アワード2010」にてヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞

引用:https://ja.wikipedia.org

ほとんどのコンクールで優勝というアリス=紗良・オットさん。

そのすばらし演奏は最後に動画を載せましたので、そちらでお楽しみ

くださいませ☆

プライベートではロックやサザンの曲を聞く?

プライベートにまで“仕事”のピアノの事は持ち込みたくない、

言う事なのでしょうね。

 

そんな事もあってなのでしょう、ピアノ(クラシック)以外で好きな

音楽はロックやサザン(サザンオールスターズ)の曲なのだとか。

 

サザンの曲が好きとおっしゃる事は何となくわかりますが、

ロックもお好きだとは。意外でしたね。

 

クラシックではないジャンルの曲を聴く事によって、音楽の表現の

幅も広がるのかも知れません。

ここまでではアリス=紗良・オットさんは順調なピアニスト人生を歩んでいるように

思われますが、実は悩みがありました。

 

ハーフである事のコンプレックス

ハーフのアリス=紗良・オットさん。

やっぱり、ハーフの方ってカワイさも美しさも兼ね揃えていて本当に

羨ましいですよね。

 

ですが、アリス=紗良・オットさんのようにハーフの方達には

少なからず、共通の悩みが。

 

ドイツ人のお父様と日本人のお母様の間に生まれたアリス=紗良・オットさん。

ハーフである人達にとって避けられない問題があります。

自分自身がどこの国の人かがわからなくなる、というもの。

 

ドイツにいると、アジア人に見られ、日本にいると、英語で話しかけられる。

“自分自身がどこの国籍の人間なのか?”

 

日々、めまぐるしく過ぎ去りますが、それでも毎日楽しく過ごしている

アリス=紗良・オットさんですが、ふとした瞬間に、少し落ち込んでしまう

事も。

 

この事については、“見た目”が関係すると思いますので、なかなか難しい事

なのでしょうね。

 

アリス=紗良・オットさんがピアノを始めたきっかけは?

裸足でピアノを演奏する理由は?

続きは次のページへ!!