やはり、気になるのが、ピアノを始めたきっかけと、

演奏の時の“裸足”なのではないでしょうか?

ではその事について、見てみましょう☆

アリス=紗良・オットさんがピアノを始めたきっかけは?

アリス=紗良・オットさんがピアノを始めたのは3歳の頃ですが、

その頃に聴きにいったコンサートの後に直ぐ

「絶対将来、ピアニストになるんだ」

と、お母様に話したのだそうです。

すると、やはり、3歳の幼い子の言う事なので、どうやら本気に捉えて

もらえなかったそう。

確かに、3歳という幼い子供の言う事を普通は本気にとる事は出来ませんよね。

でもそんな時、母方の祖母だけは

「おばあちゃんは信じてるよ」

と言ってくれたのだそうです。

そして

「自分が本当に信じている事、本当に願っている事は

絶対実現する」

とも言ってくれたそうです。

そんなアリス=紗良・オットさんは6歳の頃に

「大きなったらミュンヘン・フィルとガスタイクホールで共演する」

 と作文に書きます。

先の祖母の言葉を信じてピアノを続けた結果なのでしょう。

その夢も21歳の時に叶えてしまします。

 

こういった夢や将来の目標に対して、信じてくれて励ましてくれる人が

側にいてくれるほど、心強いものはないですよね。

スポンサードリンク

どうして“裸足”でピアノを弾くの?

これについては驚きでしたね。

最近では、他のアーティストの方でも“裸足”でパフォーマンスする方が

多いような気がしますね。

 

アリス=紗良・オットさんもそのお1人という事ですが、

どうしてなのでしょうか?

それは

「“裸足”だとリラックス出来るから」

なのだそうです。

アリス=紗良・オットさん自身、裸足でいる事がリラックス出来る

といいます。

 

ピアノを演奏する時は“音を楽しみたい”というアリス=紗良・オットさん。

その為、リラックス出来る状態にする為、“裸足”で演奏するそうです。

そういった理由があったんですね。

 

気になる彼氏や結婚は?

まだお若いので未婚のようです。

あと彼氏は、どうなのでしょう?調べてみましたが、それらしき方は

おられず・・・

男性とツーショットといえばこんなTwitterがありましたよ☆

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-7-17-04

確かにダンディーなイケメン♡

この方、オッテンザマーさんとおっしゃるそうです。

“オッテンザマー”で調べてみますと、3人出てきました。

どうやら、お父様とその息子(兄弟)。

 

まさか、この方はお父様ではないだろう、という事で、兄弟の顔を確認。

恐らく、弟のアンドレアスさんのようでした。

 

そのアンドレアス・オッテンザマーさんは、オーストリア出身で1989年生まれ。

クラリネット奏者をされています。

過去にピアノ、クラリネット、チェロで優勝した事もあるという凄い方。

現在はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の主席奏者。

お父様、お兄様も著名なクラリネット奏者です。

 

あくまでもアリス=紗良・オットさんとは音楽仲間のようです。

でも、何だかお似合いですね♡

まとめ

みなさん、今回のアリス=紗良・オットさんはいかがでしたでしょうか?

クラシック音楽をあまり聴かない方も、アリス=紗良・オットさんの

美しさと奏でるピアノの旋律と姿をみると、

“クラシックを聴いてみたい!”と思うハズ!!

最後にピアノの演奏の中でも最も難しいとされる曲の一つ、

リストの「ラ・カンパネラ」の動画をぜひご覧下さい☆