今回の【炎の体育会TV】に“リオ五輪”男子柔道90kg級で

金メダルを見事獲得したベイカー茉秋さんが出演。

帰国時の全体会見では、SMAPの番組に出れた事をとても嬉しそうに

話していた事が印象に残っていますね。

今回は、番組出演という事で改めてベイカー茉秋さんについて

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

ベイカー茉秋さんのプロフィール

ベイカー1

出典:http://blog.livedoor.jp

生年月日 1994年9月25日

出身地 東京都千代田区

身長 178cm

体重 90kg

血液型 A型

階級 90kg級

所属 東海大学

好きなタレント 剛力彩芽

初めて買ったCD   SMAP『世界に一つだけの花』

 

千代田区立昌平(しょうへい)小学校を卒業。

文京区第一中学校を卒業し、東海大学附属浦安高校へ。

現在、東海大学体育学部武道科在学中。

中学生の時、ベイカー茉秋さんの名前の“茉”が漢字の“芋”に似ている為に、

あだ名が「いもあき」だったそうです。

ホント、子供の頃って考える事が単純でおもしろいですよね(笑)

 

ベイカー茉秋さんが柔道を始めたきっかけは、なぜかピアノ。

お姉様がピアノを習っていた時、ベイカー茉秋さんも習いたくなったようで

ピアノを習う事に。

ですが姿勢が悪かったので、ピアノの先生から姿勢をよくする為に柔道を勧められたのだそう。

その時は当時6歳。

その頃のベイカー茉秋さんは、今のような逞しい体型から想像もつかない程、体が小さく、細かったそうです。

いつの間にか、ピアノを弾く姿勢をよくする為に柔道を始めますが、柔道が中心に。

そんな訳でピアノは小学校5年生で辞めてしまったようです。

小さく、細かった体型も、高校に入学する時点でも体重が約60kg程で決っして恵まれた体型ではなかったのですが、東海大浦安高校からスカウトが。

スカウトした東海大浦安高校の監督の竹内徹さんは、ベイカー茉秋さんの持って生まれた“天性のバネ”を見抜き、体重を増やし、体を鍛える事で強い選手になると確信。

ベイカー茉秋さんの食生活が凄い!

ベイカー茉秋さんは、体重を増やし、体を大きくする為に

朝・昼・夕の食事に加えて、大学の授業の合間や、放課後の練習の前と就寝前に食事を摂っていたそうです。

高校3年生の頃には90kg級に出場しているという事は、高校1年生で60kg程だったという事ですから、1年間で10kgは確実に体重を増やしたという事ですよね。

もちろん、ベイカー茉秋さんの体を見ても判るように、体重が増えたのは、ただ“太った”というのではなく、確実に“筋肉量が増えた”という事なのでしょうね。

体脂肪率はもちろん1%台だそうです・・・

いやぁ、それにしても凄過ぎます💦

 

両親のどちらが外国籍?

ベイカー茉秋さん、実は母子家庭で育っています。

お母様のお名前は“由果”さん。

ベイカー6

出典:http://mamamassan.

ベイカー茉秋さんは見ての通り、“イケメンハーフ”。

もちろん、お父様とお母様のどちらかが外国の方。

調べてみるとお父様が外国の方でアメリカ人だったようです。

 

べイカー茉秋さんは、「俺は父親の記憶なんてない」と発言されている事。

という事はベイカー茉秋さんが生まれて間もなく、ご両親は離婚されたのでしょう。

 

ベイカー茉秋さんを見る限り、お父様は大柄でイケメンだったのかも知れませんね。

最近の美人と噂のお姉様はどんな人?

また、オリンピックの試合応援で有名になった

祖父はどんな人なの?

そして彼女の存在は?

続きは次のページへ!!