今回の【アンビリーバボー】では

“ヤーラ殺人事件”について取り上げます。

 

この事件はイタリアのミラノにある小さな村で起きた殺人事件。

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%ef%bc%93

イタリア新体操界で将来有望視されていた一人の女の子が

突如姿を消し、遺体で発見されるという痛ましい事件です。

一体どういった事件だったのか等、調べてみました。

スポンサードリンク

被害者、ヤーラさんや事件の経緯

事件の被害者であるヤーラさんはどんな方なのでしょうか?

名前はピッコラ・ヤーラさん。

事件の起こった2010年、13歳でイタリア新体操界で将来有望視

されていました。

ベルガモという小さな田舎町に住んでおり、新体操界で注目されている事も

あり、町でヤーラさんを知らない人はいませんでした。

 

そんな小さな町で事件が起こります。

ある日突然、ヤーラさんが突如として姿を消してしまうのです。

新体操の練習が終わり、帰宅する僅かの時間の間に、消息を絶って

しまったのです。

 

直に捜索を開始しますが、手掛かりもなく、捜査は難航します。

行方不明になってから3ヶ月後のある日、ヤーラさんが見つかります。

ですが、町外れの空き地で遺体となって発見されるという、残念な

結果となります。

 

“ヤーラ殺人事件”は難航極める

残念な結果となってしまいましたが、ヤーラさんの遺体が見つかった事で、

犯人の手掛かりが!!

犯人のものと思われる“DNA”が発見され、“DNA鑑定”が行われます。

 

前回こちらのサイトで取り上げた“O.Jシンプソン事件”でもこの“DNA鑑定”が

使用されていました。もちろん日本でもこの捜査方法は行われています。

 

“DNA鑑定”が行われる捜査は割と犯人の特定に成果を表す事が早い為、

この“ヤーラ殺人事件”の解決は時間の問題と見られていました。

 

ですが、実際に犯人が逮捕されるまで、実に3年半も掛かってしまうのです。

どうしてそんなにも月日がかかったのでしょうか?

 

☆“O.Jシンプソン事件”については、下記からどうぞ☆

↓ ↓ ↓

『O.J.シンプソン事件の真相を法廷ミステリーで!

真犯人は誰で裁判の行方は?鍵はDNA鑑定でO.J.はオセロ症候群だった!』

“ヤーラ殺人事件”はどうして難航したのか?

この“ヤーラ殺人事件”、犯人のものであろう“DNA”が見つかったにも関わらず、

解決にどうしてこんなにも時間が掛かってしまったのでしょうか?

 

一つに“DNA鑑定”に時間が掛かったとい事。

この“ヤーラ殺人事件”で“DNA鑑定”で捜査をするにあたり、ベルがモの住民、

約18000人の住人が“DNA鑑定”に協力したのでした。

その為、犯人のDNAと住民のDNAの照合に時間が掛かった事も原因のようです。

 

結果、住民の中から犯人が出る事はありませんでした。

普通に考えてみれば、ベルガモの住民達はヤーラさんの事を応援していた方ばかり

なのですから、この中から犯人が出るとは、ちょっと考え難いものですね。

 

少なからず、この事で、この“ヤーラ事件”の犯人の捜査は振り出しに戻ったと

言っても過言ではありません。

 

“ヤーラ殺人事件”、実は“DNA鑑定”で犯人の手掛かりが!?

“ヤーラ殺人事件”の解決にはこのまま難航を極めるものかと思いましたが

犯人の実像に迫る手掛かりを掴んでいました。

 

それはやはり“DNA鑑定”が“鍵”となりました。

 

突如浮かんだ犯人。

果たして犯人逮捕に繋がったのか?

続きは次のページへ!!