やはり現代の捜査に主流となっている“DNA鑑定”は

確実に犯人を追いつめる手段だった?

犯人とは一体?

疑いのある人物の親族を捜査

“ヤーラ殺人事件”の犯人逮捕の為、ヤーラさんが住んでいたベルガモの住民は

“DNA鑑定”を受け、結果、犯人はいませんでした。

 

ですが、この中に犯人のDNAに“近い”DNAがありました。

そして、その事で、その人物の親族のDNAを調べる事に。

すると、犯人のDNAと一致する人物が判明します。

 

その人物は、バスの運転手のジュゼッペグエリノー二という人物。

しかし、その人物のDNAではなく、子供が犯人のDNAに99%一致

したのです。

 

スポンサードリンク

 

ですが、ここでまたしても大きな“壁”

実は、この子供は先の“DNA鑑定”で

犯人のDNAとは“一致しない”

という結果が出ており、バスの運転手のジュゼッペグエリノー二は既に

11年前に亡くなっていました。

 

ここで捜査はまたしても難航を極めます。

“DNA鑑定”の結果を考えると、やはり犯人は亡きジュゼッペグエリノー二と

何か関係があるのでは?と考え、更に捜査を進めます。

そして、その家族、妻、息子3人と娘1人の“DNA鑑定”を実施。

ですが、全て事件とは関係ありませんでした。

 

そんなある日、捜査員はこのジュゼッペグエリノー二が若い頃にベルガモに

“愛人と隠し子が居た”という情報を得ます。

そして、その事がこの事件と何か関係があるのでは?と考え始めます。

 

“ヤーラ殺人事件”の犯人は意外な人物?

捜査員は犯人のDNAに近かったジュゼッペグエリノー二の愛人とされる女性を

捜す事に。その結果、女性を特定

女性は結婚しており、子供も居ました。

 

そこでまたしても問題が。

その女性には双子の息子がいたのですが、その息子は果たして、

現在の主人の間に生まれたのか、

バスの運転手ジュゼッペグエリノー二の間に生まれた子供なのか

という事でした。

 

捜査の結果は、この双子の息子は現在の夫との間に生まれた子供であると

されていました。

 

ですが、もし、この女性がジュゼッペグエリノー二と知り合った時、

既に現在の夫が存在していたのであれば、妊娠した子供を現在の夫の子供

であると言ったに違いありません。

 

捜査から、ジュゼッペグエリノー二は愛人の女性を妊娠させていた

という情報がありました。

 

ジュゼッペグエリノー二のDNAを引き継いでいる人物で、DNA鑑定をしていない

のは、ジュゼッペグエリノー二の愛人の子供のみ。

 

この双子のDNAからジュゼッペグエリノー二のDNAが出て来れば

女性の息子が現在の夫の子供ではなく、ジュゼッペグエリノー二との子供である

という事になり“ヤーラ殺人事件”の解決に進展が見られるハズ。

 

そして、捜査員は遂にこの息子達のDNAを採取する事に成功します。

 

“ヤーラ殺人事件”の犯人が遂に判明?

事件の真相や真実とは?

続きは次のページへ!!