みなさんは千葉絵理菜さんをご存知でしょうか?

今回、NHKが『東京パラリンピック』のキャスターに抜擢

 

自信も障がい者の方で千葉絵理菜さん。

とてもカワイイ方で、ニュースキャスターに障がいのある方が抜擢されるという

事は、本当に稀なこと。

そんな訳で、話題になっています。

 

今回は、カワイイ千葉恵理菜さんの年齢やWIKI、高校や大学、気になる彼氏など

調べてみました☆

 

☆この記事の目次☆

1,千葉恵理菜のWIKI(年齢/出身)

2,千葉恵理菜の高校や大学

3,千葉恵理菜が『東京パラリンピック』のキャスターはなぜ?

4,千葉恵理菜の熱愛彼氏は?

5,最後に

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

yo-mu-wa-inkoです。

では早速、千葉恵理菜さんに迫ります!

 

千葉恵理菜のWIKI(年齢/出身)

出典:https://news.biglobe.ne.jp

  • 名前:千葉恵理菜
  • 生年月日:1995年(推定)
  • 出身:北海道
  • 趣味:歴史、ファッション
  • スポーツ歴:電動車いすサッカー、電動車いすスラローム、電動車いすカーリング

 

千葉恵理菜さんの年齢は22歳(2017年現在)

生年月日について、公表されていないのですが、現在(2017年)で22歳という

ことで、生まれた西暦は1995年か1994年でしょう。

 

千葉恵理菜さんは“脳性麻痺”で手足をうまく動かす事が出来ません。

 

その為、千葉恵理菜さんは車椅子で生活をしています。

ですが、電動車椅子で“電動車いすサッカー”の経験があるというとても

スポーツウーマンです。

 

また、『初級スポーツ指導員』の資格も持っています。

目標のアナウンサーはNHKキャスターの有働由美子アナウンサーという

ことです。

 

スポーツウーマンの千葉恵理菜さんですが、高校では書道部だったそうです。

千葉恵理菜の高校や大学

千葉恵理菜さんの高校や大学はどこなのでしょうか。

調べてみると、千葉恵理菜さんは地元でも有名のようで、某新聞社に取材されて

いました。

 

その記事によると千葉恵理菜さんの出身高校は北海道は帯広市『江陵高校』

普通科を卒業しています。

 

そして大学は『札幌学院大学』に社会福祉士を目差し進学しました。

卒業後は福祉関係の仕事にということですが、『東京パラリンオリンピック』の

キャスター・リポーターの採用ですので、パラリンピックが終わると、福祉関係

の仕事に就くのでしょうね。

 

千葉恵理菜が『東京パラリンピック』のキャスターはなぜ?

千葉恵理菜さんが今回、NHKの『東京パラリンピック』のキャスター・リポーターに

抜擢されたのでしょうか?

 

NHKは初の試みとして、障がいを持つ方をキャスター・リポーターとして

採用する為に公募していました。

その応募総数159人。

その中から千葉恵理菜さんは見事に選ばれました。

 

千葉恵理菜さんは

「何事も諦めずにやることが好き。

何かを伝えるのも好き。

スポーツで得た経験を生かして笑顔でリポートしたい」と語りました。

 

普通でしたら、障がいをきっかけで、後ろ向きに物事を考える方もいると思い

ますが、千葉恵理菜さんはとても前向きな方ですね。

とても好感が持てますね☆

スポンサードリンク

千葉恵理菜の熱愛彼氏は?

千葉恵理菜さんはカワイイ方です。

ということで、熱愛彼氏がいないのか気になりますよね?

調べてみましたが、彼氏はいないようですね。

 

今回のキャスター・リポーターの仕事で、千葉恵理菜さんを彼女に!という

男性ファンが増えそうですね♡

最後に

『東京パラリンピック』はまだ先の話しですが、今月の24日(2017年

10月24日火曜PM8:00〜)Eテレの『ハートネットTV』でテレビデビューする

ということ。

 

そして、28日(2017年10月28日土曜PM1:50〜)総合テレビの

『1000日前 東京大会へ!スペシャル』に初の生出演もします。

また、今回の抜擢にはあともう一人、現役大学生の後藤佑季さんもいらっしゃい

ます。

→後藤佑季さんのWIKIはこちら☆

 

千葉恵理菜さんのモットーは

『“笑う門には福来る”』

だということなので、本番では笑顔で番組に出演のことでしょう。

 

千葉恵理菜さんが『東京パラリンピック』で注目しているのは、車いすテニス

プレイヤーの上地結衣さん。

同じ車いすということで注目しています。

 

本番の『東京パラリンピック』までのキャスター・リポーター振りも楽しみですが、

本番ではどんなキャスター・リポーターぶりを見せてくれるのか楽しみですね☆

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております☆