今回の【マツコの知らない世界】は格安航空“LCC”の世界を

チャーリィ古庄さんが紹介。

近年、主流となってきた格安航空“LCC”を利用した

国内外の旅行。

秋も深まり、行楽の季節。

まだ間に合う格安航空“LCC”を利用した旅行の紹介も

してくれそうですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-15-33-26

今回は格安航空“LCC”を知り尽くしたという

チャーリィ古庄さんを調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

チャーリィ古庄さんさんのプロフィール

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%a3%ef%bc%91出典:https://mobile.twitter.com

生年月日 1972年

出身地 東京都

職業 航空写真家・航空ジャーナリスト・「CANON EOS学園」講師

所属 よしもよクリエイティブ・エージェンシー(文化人所属)

 

航空写真の世界では有名人のチャーリィ古庄さん。

本名は古庄隆治さん。

プロフィールを書いていると「よしもよクリエイティブ・エージェンシー」

に所属されているという事で一瞬「お笑いもやってるの!?」と

ビックリしましたが、当然でしたが違いましたね(笑)

「よしもよクリエイティブ・エージェンシー」っていろんな所属があるんですね。

 

幼少の頃から乗り物が大好きで、その中でも航空機に興味を魅かれたようですね。

カメラを手に持ち、空港に行っては飛行機の写真を撮ていたといいます。

 

チャーリィ古庄さんの経歴

幼少の頃から航空機に興味を持ち、カメラを持って、頻繁井写真を撮りに行っていた

チャーリィ古庄さん。

やがて航空業界に憧れをもち、後に渡米。

パイロットのライセンスを取得。同時に航空機のビジネスも学びました。

 

☆ちょっと“まめ知識”

パイロットのライセンス、取得はとても難しい事はもちろんですが、

とてもお金がかかります。

パイロットのライセンスを取得するには、それなりの飛行時間が必要で

100時間以上の飛行訓練がないといけないそうです。

 

その時間を満たす為に、セスナを借りて飛行訓練する訳ですが、

日本でセスナを借りるとすると、1時間でおよそ5万円もかかるそう!

 

飛行時間は100時間以上必要だと言う事ですので、

単純計算で500万円もかかってしまいます。

 

そんな訳で皆さんは国内でライセンスを取得せず、アメリカで取得

する方が多いそう。

理由はアメリカで飛行訓練するとすると、

何とセスナ1時間1,5万円!100時間飛んでも150万円!

それに、飛行訓練が出来る場所も多いのだそうです。

 

これだけライセンスを取得するのにお金が掛かるのでしたら

何が何でもテストには合格しないといけないですよね!!

 

話しは戻りまして・・・

チャーリィ古庄さんは帰国すると、除々に人々に認知されつつあった

格安航空「LCC」、スカイマークエアラインズ」の社員第一号に。

 

その後、「コンチネンタル航空」に入社。

整備士以外の職を全て経験し、「有限会社チャーリイズ」を

立ち上げます。

 

ですが、2001年、あの「アメリカ同時多発テロ」が起きます。

その事で、航空業界は打撃を受けます。

チャーリィ古庄さんの会社も例外ではなかったようです。

 

その後、早期退職を行い、写真家として独立。

航空会社や空港会社の写真撮影や撮影会、全国でトークイベントを行って

いるそうです。

2014年には、世界でもっとも多くの航空会社に乗ったという事で

“ギネス記録”の認定を受けます。

100カ国以上の国や地域を通い、訪れた空港は500を超えるそうです。

●主な書籍・写真集

■著書
◇連載
・月刊エアライン(イカロス出版) 「世界オフライン紀行」
・月刊カメラマン(モーターマガジン社)「地球の写し方」
◇著書
・旅客機の一生物語(2013年 イカロス出版)
・エアライン年鑑2013-2014
・写真集「WORLD JET TOUR」 (2011年 イカロス出版)
・エアライン年鑑2011-2012
世界のエアライン1115社ダイレクトリー (2011年 イカロス出版)
・世界のビックリ空港探訪記  (2010年 イカロス出版)
・世界ヒコーキ紀行  (2010年 イカロス出版)
・エアライン年鑑2009-2010
世界のエアライン1234社ダイレクトリー (2009年 イカロス出版)
・世界おもしろヒコーキ旅  (2008年 枻出版)
・格安航空会社の選びかた  (2008年 枻出版)
・ジャンボジェットの時代 (2008年 枻出版)
・航空会社の選びかた[海外旅行編] (2007年 枻出版)
・デザインで選んだ世界のエアライン100 (2007年 枻出版)
・日本退役機追跡紀行 (2006年 イカロス出版)

引用:http://search.yoshimoto.co.jp

チャーリィ古庄さん、本当に航空関係がお好きなんですね(苦笑)

国内外問わず、100カ国以上訪れるという事だけでも大変だと思うのですが、

空港の数が500以上って、凄過ぎます!!

 

ところで

チャーリィ古庄さんの奥様は?結婚してるの?

チャーリィ古庄さんも44歳。

既にご結婚されて、お子様がおられても不思議ではない年齢ですよね。

いろいろ調べてみたのですが、情報がありません💦

 

でも、こんなに忙しく全国を飛び回っている事を考えると、

独身なのでしょうね。

 

気になる収入や格安航空「LCC」とは?

続きは次のページへ!!