今回の【有吉反省会】は漫画家の江川達也さんが出演するそうでう。

有吉反省会 江川さん

出典:http://natalie.mu/

何でも“豪邸の自宅を周囲に自慢しすぎる”事を反省するそうです。

そんな豪邸に住んでいる江川達也さんはどのような人なのでしょうか?

スポンサードリンク

江川達也さんのプロフィールや経歴

江川達也さん

出典:http://magabon.yomiuri.co.jp

生年月日 1961年3月8日

出身地 愛知県名古屋市

職業 漫画家、テレビタレント、AV監督

 

小学生の頃からノートに漫画を書いていたそう。

中学生になると漫画を投稿するまでに。

ですが、暫く漫画から離れていたそう。

高校は名古屋市立北高等学校に進学。

大学は愛知県教育大学教育学部数学科へ進学されます。

その際、人形劇サークル、漫画研究会、アニメ研究会に在籍し、

漫画以外の創作活動を行います。

大学を卒業すると1983年4月から8月まで公立学校の教諭(地方公務員)として

名古屋市立東陵中学校で数学科講師に就きます。

その後退職すると4ヶ月間、漫画家の本宮ひろ志さんのアシスタントを務めます。

アシスタントをしながら描いた『Don’t Give Up』が

『コミックモーニング』の編集部の目に止まり、

1984年、『BE FREE!』でデビュー。

その後は少年向けや青年誌向けのギャグ漫画を執筆、作品がアニメ化されたりと

立て続きにヒット作を生み出します。

最近では歴史を漫画化し発表したり、携帯サイトなどのニッチな場で作品を発表。

また“ホリプロ”とタレント契約をしており、テレビにも出演されています。

漫画家として成功したのは本宮ひろ志さんの一言?

漫画家の本宮ひろ志さんのアシスタントをされていますが、

どうして本宮ひろ志さんだったかと言うと

「作品が全く面白くなく、理解出来ない」為、理解してやろう、と思って

アシスタントについたそうです。

また、自分の作品を本宮ひろ志さんに見せたところ

「おまえ、これ売れるか?」と問われたそう。

その時に初めて『漫画は“作品”ではなく、“商品”なんだ』と認識させられたそうです。

確かにそうですよね。漫画は作者にとっては“作品”でも、それを買うなりして

読んでくれる人にとっては“商品”ですよね。

本宮ひろ志さんは江川達也さんにその事を気づかせ、

『“商品”として“売れる”作品を描け!』と気付かせたかったのでしょうか。

本宮ひろ志さんから『おまえ、これ売れるか?』と問われる事もあった

江川達也さん。

そんな江川達也さんも周囲に“自慢し過ぎる豪邸”を建てるまでになりました!!(笑)

さて、今回の番組出演の理由でもある、

周囲に“自慢しすぎる豪邸”とは?続きは次のページへ