先日は【世界がビビる夜】で“オオカミ男”がブラジルに出現という

不可解で奇妙な事件を取り上げていましたが、

今回の【アンビリーバボー】でも、不可解な事件の真相を

追跡します。

番組のタイトルは

『怖くて強い!女たちの決断!愛の衝撃人生3時間SP』。

タイトルのようにこの事件の主人公は良くも悪くも“女性”。

そして取り上げられる事件

“ナジレブ“エンジェルメーカー”事件”。

%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%ef%bc%92

出典:http://ranpo.co

一体、どのような事件だったのか

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

その事件は1900年初頭に起こった

もう1世紀以上前の話し。

この話しが作り物ではない、本当にあった事件という事に

恐怖を感じます。

 

この事件は1914年頃、第一次世界大戦の中、ハンガリーにある

小さな村、ナジレブで起こった事件。

その村の近くに捕虜収容所が建てられました。

 

暫くすると、その収容所に足を運ぶ女性の姿が。

それも日に日に人数が増えていったのだそう。

 

普通に考えるならば、捕虜であれど、世話をしなければならない

であろうから、捕虜が増えればそれだけ世話をする人出が必要。

その為に、脚を運ぶ女性が世話係として従事し、増えていったと

考える事が妥当でしょう。

 

ですが、実態は違ったのです。

私達には考えつかない事が起こっていたのでした。

 

事件の始まりは女性達が“捕虜収容所”に足を運んだ事から?

女性達が“捕虜収容所”に足を運ぶ理由、それは

 

“男性と関係を持つ事”

 

第一次大戦の中、ナジレブでは男性がすべて戦争へ駆り出されます。

村に残されたのは女性や子供のみ。

そんなところへ捕虜として男性が収容されて来ました。

 

やがて女性達は自分達の“性の欲求を満たす為”あろう事か

捕虜である男性に関係を求めたのです。

その為、一人の男性に数人の女性が愛人になるという事も

珍しくない状態となっていったそうです。

 

こんな生活、想像もつきませんが、このように男性がいなくなる環境に

晒され、そこへ男性がやってくると誰でもこのように

なってしまうのでしょうか?

考えると、恐ろしい事です。

 

やがて村の男性が帰還。その頃から不可解な死が

戦争が終わり、生き残った男性達が帰還してきました。

しかし、村の女性達は歓迎するような状態では

ありませんでした。

 

なぜなら、戦争へ行った男性達は、戦場で死と隣り合わせの

日々を送って来た為に、“PDSD”に。

この言葉は皆さんも耳にした事があると思います。

 

極度のストレスや生死を伴う強烈な体験等をした時に患う

精神的な病気。“心的外傷後ストレス障害”。

少し前に起こった“湾岸戦争”から帰国したアメリカ兵の方達が

この症状に悩まされ、問題になった事を思い出します。

 

戦争の影響で、この病に悩まされると、常に緊張状態が続き、

ふとした瞬間に人を傷つけてしまったりするそうです。

 

そのような精神状態の男性達が村へ戻り、女性達に暴力を振るったと言います。

男性が戦争に行っている間、女性や子供達だけで自立し、生活をして来た

女性達。

その女性達がこの状況を黙って絶えるという事は無かったようです。

そして

不可解な事件がおこります。

この小さな村を襲った

“不可解な事件”とは

どのようなものだったのでしょうか?

続きは次のページへ!!