今回の【クレイジージャーニー】では、珍しく故人となった方を紹介のようです。

調べていくと、確かに波瀾万丈な人生を送っていらっしゃった人物のようです。

そんな囲碁界の偉人、藤沢秀行さんを調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

藤沢秀行さんのプロフィールと主な経歴

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/

本名 藤沢保(ふじさわ たもつ)

生年月日 1925年6月14日

没年月日 2009年5月8日(満83歳没)

出身地 神奈川県横浜市

プロ入り年 1940年

名誉小号 名誉棋聖(めいよきせい)

段位 名誉棋聖(九段)

戦績 タイトル獲得合計 14

主要棋戦 優勝回数 9

通算成績 852章649敗8持碁

1925年、父重五郎さん69歳、母きぬ子さん23歳の時、横浜に産まれます。

1934年、福田正義五段に入門、日本棋院の院生に。

1940年、初段に。

1943年、三段になり、“秀行”と改名。

1948年以降は数々の対戦で優秀な成績をあげていきます。

1977年、“第1期将聖戦”で初代棋聖位を獲得。以降6連覇を果たし、

“名誉棋聖”の称号を得る。

1983年、趙治勲に敗れ、棋聖の座を譲り渡す。

1987年4月27日、“紫綬褒章”受章。

1989年、名人、本因坊両リーグ入り。

1991年、羽根泰正氏を敗り、タイトルを奪回。

1992年、小林光一氏を相手に史上最高齢の67歳で防衛を果たす。

1997年11月3日、“勲三等旭日中綬章”受章。

1998年、老齢を理由に現役を引退。

2009年5月8日、83歳でこの世を去ります。

出典:http://www.zakzak.co.jp

本来の名前の読み方は“ひでゆき”ですが、“しゅうこう”と呼ばれることが多く

“しゅうこう先生”と呼ばれていたそう。

中国や韓国への普及にも尽力され、国を問わず、来る者は誰でも拒まず、研究会「秀行塾」に

受け入れます。

優秀な成績を納められ、更に囲碁の発展にも貢献された藤沢秀行さん。

しかし、彼の人生は波瀾万丈であり、破天荒な人生でした。

どのような人生であったのか、調べてみました。

名前の由来

本名は藤沢“保”ですが、藤沢“秀行”と名乗っていらっしゃいます。

名前の由来は江戸時代から明治にかけて活躍した囲碁棋士の

本因坊秀甫(ほんいんぼう しゅうほ)さんからきているそう。

本因坊秀甫とは

奔放な棋風で知られ、明治期に囲碁結社“方円社”を主宰。

囲碁界を支え、西欧にまで広めた人物。

後に思想家でありジャーナリスト、政治家であった中江兆民(なかえ ちょうみん)さん著

「一年有半」の中で「近代非凡人三十一人」に数られる程の名声を得ていましたが、

史上の名人の道策、秀知、秀策、秀栄に比べると知名度が低く、時の第一人者でありながら、

生涯は恵まれたものではなかったそう。

藤沢秀行さんが囲碁を他の国にも広める活動を行っていたのも、

本因坊秀甫さんの活動を習っての事なのでしょうね。

子だくさんな藤沢秀行さん

女性関係が激しかった事でも知られている藤沢秀行さん。

お子様が15人居られるそうです。

もちろん奥様お一人で産んだのではなく、本妻の他に奥様が3人。

4人の奥様にそれぞれ3人のお子様が居られるそうでが、

すべて認知しているそうです。

また、私達“一般人”ではとても考えられないのですが、

お正月になると3人の奥様達とお子様たちが藤沢秀行さんの家に一斉に集まり、

藤沢秀行さんと本妻様にご挨拶するという、何とも不思議な“しきたり”が

あったようです。

本妻様の他に、3人、更に9人の子供が居ても、ちゃんと本妻様の事を一番に

考えていたのでしょうか?

出典:http://blogimg.goo.ne.jp

それとも、“常識的に考えて”やはり、“本妻が一番上“と考えての事なのでしょうかね。

私達の常識で考えるとありえない事だと思うのですが、本妻様とそのお子様3人はもちろん、

他の3人の奥様とお子様達に対してきちんと責任をもった対応をしていたからこそ、

この図式が成り得たんでしょうね。

これも藤沢秀行さんの人柄が良いからこそなのでしょうか。

私には到底考えれないですが(苦笑)

藤沢秀行さんの私生活は?その他については次のページへ