みなさんはフライトドクターをご存知でしょか?

ドクターヘリに乗り込み、医療行為を行う医師。

 

最近はこのドクターヘリの活躍をドラマ化した『コード・ブルー』

好評のうちに終わりましたね。

 

そして『セブンルール』では宮城県初のフライトドクターを目差して頑張る

女性、篠原希さんが取り上げられるなど、注目されています。

 

そこで今回はこの“フライトドクター”の年収(収入)、仕事の内容や資格など

調べてみました。

 

☆この記事の目次☆

1,フライトドクターについて

2,フライトドクターの仕事

3,フライトドクターになるために必要な条件(資格)

4,フライトドクターになる為の過程

5,フライトドクターの年収(収入)が意外で激ヤバ!

6,今回のまとめ

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

では早速、フライトドクターに迫ります!

フライトドクターについて

フライトドクターは、ドクターヘリに乗り込む救急医のこと。

ヘリの中で必要に応じた医療処置を行います。

出典:https://kotobank.jp

ドクターヘリには、フライトドクター、フライトナース、操縦士の3人が

乗り込みます。

 

 

出動は緊急を要する場合。

交通事情によって時間が左右される救急車よりも迅速に現場へ向かい、そして

病院へ搬送ができます。

ですが、ヘリの数や、フライトドクターの数が少ないというのが現状です。

 

フライトドクターの仕事

フライトドクターの1日の仕事はどのよなものなのでしょうか?

基本、勤務はドクターヘリのある病院勤務になります。

 

 

出動要請があれば、ドクターヘリに乗り込み、現場へ。

現場で患者の救命処置を行い、ドクターヘリで適切な医療施設へ搬送します。

 

スポンサードリンク

フライトドクターになるために必要な条件(資格)

フライトドクターになる為に必要な条件(資格)はどのようなものでしょうか。

まず、医師免許が必要である事は最低必要条件。

この医師免許は並大抵では取得出来ません。

 

 

医学部を卒業後、国家試験に合格しなければなりません。

この間、平均して6年。

 

 

これは、医学部が6年制であるということもありますが、この間に国家試験に

合格できた場合ですね。

合格しなければそれ以上かかるということです。

 

 

そして、医師免許取得後、2年間は病院で研修医としての経験を積む必要が

あります。

この期間を経て、専門医に就く事ができます。

 

 

この専門に中の“救急専門医”がフライトドクターを目差す人達が選ぶ専門医に

なります。

 

 

そして更に、現場で経験を重ね、認められて初めてフライトドクターと

なることができます。

 

フライトドクターになる為の過程

フライトドクターになる為にはどのような経験を積む事が必要なのでしょうか?

まず、医師免許取得が必須です。

その後、2年間、研修医として医療機関に勤務。

 

 

研修が終了後、約19ある専門医の中から救急専門医を選択し、ドクターヘリの

ある病院に勤務します。

そこでフライトドクターの研修を重ね、各病院でフライトドクターとして

認められた時点で、晴れて、フライトドクターとして採用になります。

 

 

このフライトドクターになる為の研修に定めはありませんので、正式な

フライトドクターになる為には個々に差があろようですね。

 

 

いずれにせよ、直になれるような甘い職業ではないということですね。

スポンサードリンク

フライトドクターの年収(収入)が意外で激ヤバ!

フライトドクターの年収(収入)はどのくらいなのでしょか?

ここで意外だったのが、“フライトドクター”は職業というにはほど遠く、

救急専門医の“手当”として給料が支払われるのです。

 

 

ドクターヘリに搭乗した回数に応じて手当として給料が支払われます。

その為、フライトドクターだけの年収(収入)というよりは、救急専門医の

給料が主な収入となるということです。

 

 

某救急センターの平均的な年収(収入)は以下のとおり。

●免許取得後6年目・・・約1,100万円

●免許取得後7年目・・・約1,200万円

月収にすると約60万円〜約90万円位でしょうか。

 

 

フライトドクターの手当について例が見つかりませんでしたので、それほど

高い手当では無いのかも知れません。

 

今回のまとめ

フライトドクターとドクターヘリの活躍がドラマ化され、今回、『セブンルール』

でもフライトドクターが取り上げられ、注目度が増していますね。

出典:https://www.aeroasahi.co.jp

ドクターヘリの十分な普及にはまだまだ時間がかかりそうですが、もっと普及して

人々の命が救われることを願いたいと思います。

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております☆