「読めばいいんですか?」

何となく不穏な雰囲気を払拭し、このまま順調に討論が進むと思っていた時、

「おれ、これ読んだ方がいいですか・この通りに読んだ方がいいの?」と発言。

棒読み

出典:http://www.asyura2.com

「先程、小沢代表に対しまして、大変失礼な発言をしました、発言を撤回して心

よりお詫び申し上げます」と納得のいかない表情で“棒読み”したのです。

 

これに小沢一郎さんが激怒したという。

確かに、小沢一郎さんの気持ちはわかります。

“棒読み”の上、納得のいかない顔でこんな事言われたら、火に油を注ぐようなもので

すよね。

スポンサードリンク

古市憲寿さんは弁明を続けます。

政策はマニフェストを見れば分かるので、こういう場はあえて人物像に迫り、人柄

を見る事も必要。そんな理由で、最近の小沢一郎さんはどうしているのか聞いたと

いうのです。

ですが、納得が行くはずもない小沢一郎さん。

そんな事は理由にならない、このような場で聞くような内容ではない、と怒りがお

さまりません。

この後も古市憲寿さんの主張は変わらず、最後には

『おわびするなら、おわびらしく、きちんとしなさい!そんな言い草ないでょ!!』

と声を荒げる小沢一郎さんでした。

 

まあ、古市憲寿さんは、納得のいかない謝罪だったのでしょうけれど、誰が考えても、

あの謝罪はダメですよね・・・馬場典子アナ、本当にかわいそうです・・・

 

そしてネット炎上!!

この後、“ネット炎上”。古市憲寿さんには批判の声が殺到しています。

ニコ動

出典:http://mera.red

「失礼ですよ。二度とみたくない」「無知性を感じました」「中身の稚拙さをよく

出してますね。前から発言が酷かったけど、とうとうやらかした感・・・」など、

全く古市憲寿さんを擁護する発言は見られませんでした。

 

まとめ

毎回発言には見ている側としては“ハラハラ、ドキドキ”ですが、古市憲寿さん。

ですがこの発言の仕方を変えてしまったら、彼では無くなってしまうように思い

ますので、発言の仕方を改めるというには難しいことでしょうね。

古市2

出典:http://sutakorasacchan.com

とりあえず、“ネット炎上”にならないよう、ほどほどな発言をしてほしいもので

すね・・・