今回の【しくじり先生】に元宮崎県知事の東国原英夫さんこと

そのまんま東さんが出演されます。

今では政治に関するコメンテーターでの活躍の多い

東国原英夫さん。

その東国原英夫さんがまだ“そのまんま東”と名乗っていた頃の

不祥事について熱血授業を開講されるとのことで

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

東国原英夫さんの経歴やプロフィール

東さん

出典:http://nstimes.com

芸名 そのまんま東(活動期間:1982年〜2006年)

生年月日 1957年9月16日

出身地 宮城県都城市

1976年、宮城県立都城泉ヶ丘高等学校全日制課程普通科を卒業後、

同年、専修大学経済学部経済学科へ。1980年、同校を卒業。

2000年、早稲田大学第二文学部社会人間系専修に入学。2004年、同校を卒業。

同年、早稲田大学製時経済学部科に進学。2006年、同校中退。

2006年12月13日、『オフィス北野』と契約を解消、事実上の芸能界引退。

2007年1月21日、宮崎県知事に当選。2011年1月20日、任期満了により退任。

2011年3月22日、東京都知事選挙立候補するも、同年4月10日、東京都知事選挙落選。

2012年12月16日、衆議院銀総選挙に『日本維新の会』で初当選。

2013年12月17日、『日本維新の会』を離党し、衆議院議員を辞職されます。

今では政治関係などの番組のコメンテーターが多いように思いますが

もとは“芸人”だった東国原英夫さん。

“芸人”=“タレント”になったきっかけも見てみましょう。

タレントのきっかけ

1980年、フジテレビ『笑っている場合ですよ!』のオーディションコーナーに

出演の際、同番組に出演していたビートたけしさんの楽屋を訪れ

弟子入りを果たし、1981年に付き人となります。

東国原英夫さんは、北野武さん事、ビートたけしさんの最初の弟子にあたります。

ビートたけしさん率いる『たけし軍団』の一員として活躍しました。

その時の芸名が“そのまんま東”。芸人初期の頃は“東英夫”(ひがしひでお)という

芸名で活躍していました。

当初「オスカル・メスカル」というコンビを組んでいた相方が芸能界を引退、

その後3ヶ月だけたけしさんの

「ツービート」というコンビ名の「ツー」だけをもらって

「ツーツーレロレロ」というコンビで活躍します。

その後、その相方も芸能界を引退してしまい、後に“たけし軍団”の一員となる

大森うたえもんさん(当時、大森くんた)と「ツーツーレロレロ」を続けます。

1983年に“たけし軍団”の一員となるのをきっかけに、コンビは解消されます。

東国原英夫さん、タレント時代にコンビを組んでいたんですね。

私は全く知りませんでした。

では

タレント時代の芸名“そのまんま東”の由来は?

続きは次のページへ