ひょっこりはん 著作権侵害?内容や楽曲は?彼女公表で結婚の噂で話題も

ニュース

ひょっこりはんと言えば、最近、CMにバラ

エティー番組に、と

人気のお笑いピン芸人ですね。

 

最近では彼女の存在も公になり、結婚も間

近では?と話題になっていました。

 

そんばひょっこりはんに、今度は

“著作権侵害疑惑”

が。

 

ひょっこりはんを訴えたのはどんな人物なの

でしょう。

一体何が著作権侵害の疑惑にあたるのでしょう

か?

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

では早速、ひょっこりはんの著作権侵害疑惑に迫ります!

ひょっこりはんに著作権侵害を主張したのは誰?

出典:https://news.mynavi.jp

今回、ひょこりはんに著作権を侵害されたと主張するのは

「音楽素材MusMus」の管理人

以下サイトに記された経緯です。

2017年以前 当サイトの楽曲の使用が始まる
2018年4月初旬 規約違反動画について日清食品に確認、2次配布されていることが判明
2018年4月初旬 芸人側とコンタクト、後追いで規約に準じていただければ良い旨伝える
2018年5月末 楽曲が改変されて販売されていることに気づく
2018年5月末 上記抗議と販売停止を依頼
2018年5月31日本日 抗議から1週間何も進展なし

引用:http://musmus.main.jp/blog/

このように伝えています。

 

ここで問題となっているのは、サイト内の楽曲「sonorously box」。

この曲をひょっこりはんが、ネタをする際のBGMとして使用しています。

 

そして、公表した理由として、

吉本のような大企業のことですからおそらく著作権関連の強力な顧問がついていることでしょう。
当サイト管理人のような個人が訴訟を起こしても結果は見えています。

普通に連絡して対応いただけないのであれば、もはや著作権侵害であることを皆さんに周知し認識してもらうしかありません。

引用:http://musmus.main.jp/blog/

『吉本興行』のような大きな企業が著作権

法について知らなかったとは思えませんよ

ね。

 

考えたくはありませんが、楽曲提供者が何も

言わなければ問題ない、と軽く考えていたの

でしょうか?

スポンサードリンク

ひょっこりはんが著作権侵害疑惑を持たれ楽曲違反使用に当たる内容は?

では、ひょっこりはんが著作権侵害疑惑に当

たるとされている楽曲違反使用の内容を詳し

く見てみましょう。

 

●著作権表記をしていない

●著作権表記をしない場合の利用料を支払っ

ていない

●他の企業などに「フリー音源」として二次

配布を行った

 

という3点が主な違反と主張される内容です。

また、楽曲を改変された上、未許可で販売を

されており、管理人は非常にショックを受け

ている、とうことです。

 

また、「more」、「レコチョク」などで当該

サイトの楽曲を一部改変していることに対し

て、許可もしておらず、その楽曲に対して報

酬も得ていない、ということ。

いずれの内容も、サイト運営側にすると、容認

できないですよね。

 

最後に

ひょっこりはん、やっと芸人としてブレイクしたというのに、何だかかわいそうというか、残念ですね。

 

でも、いち社会人として、正すべきことは、正さなければなりません。

現在『吉本興業』は本件については調査中という回答をしているそうです。

 

今後の経緯を見守ることにしましょう。

 

では今回はこの辺で。

みなさん、本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

☆こちらの記事もオススメです☆

→ひょっこりはん(芸人)本名や経歴は?2018年おもしろ荘(動画)出演でブレイクの兆し

コメント