みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

 

今回はねこの写真を撮ったら右に出る者はいない!という

動物写真家の岩合光昭さんをご紹介いたします。

現在、ねこブームということもあっての『プロフェッショナル

仕事の流儀』への出演なのでしょうね。

 

番組の中ではかわいくねこちゃんを撮影する方法も伝授して下さるよう

ですので、今回の放送はねこ好きな方、動物の写真を撮る事に興味の

あるかたにはうってつけの放送となりそうですね。

 

そんな訳で、動物写真家の岩合光昭さんの年齢や学歴などプロフィール

はもちろん、家族や写真展の情報などご紹介いたします☆

 

☆この記事の目次☆

1、岩合光昭さんの年齢や学歴、プロフィール

2、岩合光昭さんの家族は?

3、岩合光昭さんの写真集が凄い!

4,岩合光昭さん流、上手なねこの撮り方のコツ

5、気になる収入(年収)は?

6、岩合光明さんの写真展はどこで?

7、今回のまとめ

スポンサードリンク

岩合光昭さんの年齢や学歴、プロフィール

岩合1

出典:http://books.rakuten.co.jp

岩合光昭さんの年齢は1950年11月27日生まれで

67歳(2017年現在)

出身地は東京都。

最終学歴は『法政大学』経済学部。

大学を卒業と同時に、動物写真家の道をすすみます。

その頃から、1年のほとんどを撮影のため、海外で過ごされています。

岩合光昭さんの家族は?

岩合光昭さんは1975年に日出子さんとご結婚されておられ、1977年

長女の薫さんが誕生。

奥様の岩合日出子さんと共に写真集を出版されています。

1982年から1984年、家族と一緒にアフリカに滞在。

また1986年から1989年に一家でオーストラリア全土を走破するという

凄いご家族です。

 

また、お父様は岩合徳光さんで動物写真家

岩合光昭さんは19歳の頃にお父様の岩合徳光さんの助手として、ガラパゴス諸島を

訪れたことがきっかけで、写真家を目差すようになります。

岩合光昭さんはねこに限らず世界各国の野生動物も写真に収めておられます。

岩合光昭さんの写真集が凄い!

岩合光昭さんの写真集はすばらしく、以下のように数々の賞に輝いています。

●1980年 『第5回木村伊兵衛写真賞』

●1985年 『講談社出版文化賞』写真賞

●同年 『日本写真教会』年度賞

 

また、1982年から1984年、家族と一緒にアフリカの『セレンゲティ国立

公園』に滞在した時に動物達をおさめた写真集『おきて』が全世界で

20万部を超えるベストセラーとなりました。

 

そして日本人で初めて世界的に有名な学術誌『ナショナルジオクラシック』の

表紙を2度も飾られています。

スポンサードリンク

岩合光昭さんがねこを撮るためにしていることとは?

ご家族にかわいいねこちゃんがおられる方、また、かわいいねこちゃんの

写真を撮りたいと思っている方、岩合光昭さんはねこちゃんをかわいく

撮るためにどうしているのでしょうか?

 

岩合光昭さんによると・・・

まずねこちゃんに挨拶をして、撮影許可をもらってから撮影。

この辺り、ほんとうにねこちゃんが好きなんだなーって思いますね。

素早いねこちゃんを撮るために動体視力を鍛えたり、手振れ防止のために

腕の筋力を鍛えたりもしているそうです。

なかなか体力がいるものなんですね。

 

それから岩合光昭さんは良い写真を撮るために広角系のズームレンズの

多用をされているとのことです。

ちなみに機種は『オリンパス』のカメラだそうです。

でも、結局はねこちゃんが好き過ぎるからの成せる技なのかも知れませんね。

気になる収入(年収)や写真展をご紹介!

続きは次のページへ!!