みなさん今日は☆

yo-mu-inkoです。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

今回は『月曜から夜ふかし』で“栃木ニュース”をお届けしますね。

その中で気になったのが『かんぴょうスピーカー』

コレも気になりますが、『ピラニアと一緒にカピパラが泳ぐ水族館』

気になるところですが(笑)

 

今回は『かんぴょうのスピーカー』に注目!!

栃木県はかんぴょう作りが盛んという事ですが、かんぴょうというと、

あの“きしめん”のような細い物を思い浮かべますよね?

それがどうなって『かんぴょうのスピーカー』になるのか、とっても

気になりませんか?

そんな訳で、どんなスピーカーなのか、画像や評判、

気になるお値段や購入方法など調べてみましたよ♪

☆この記事の目次☆

1,『かんぴょう』って実はこんな形です☆

2『,かんぴょうスピーカー』の画像がコレ!!

3,『かんぴょうスピーカー』の“サウンドテック 高橋電機”とは?

4,『かんぴょうスピーカー』の評判は?

5,『かんぴょうスピーカー』の値段や購入方法は?

6,今回のまとめ

スポンサードリンク

『かんぴょう』って実はこんな形です☆

今回の『月曜から夜ふかし』の栃木県ニュース

『かんぴょうスピーカー』が気になりますが、その前に、みなさんは

“かんぴょう”って元の形をご存知でしょうか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、ご存知でない方も意外と多いのでは?

実は“かんぴょう”は元は“かんぴょう”ではありません!!

それはかんぴょう3

出典:http//cdn-ak.f.st-hatena.com

このようにまん丸な大きな実なんですよ〜〜〜☆

この大きな実、『ゆうがお』というボーリングの玉ほどある大きな実。

これを削って、乾燥させて“かんぴょう”が出来るんです。

 

コレを見たら『かんぴょうスピーカー』が作れるという事も納得ですね。

この『ゆうがお』の大きな実の中身をくり抜いて『かんぴょうスピーカー』を

作ります。

 

実はこの『ゆうがお』ですが、昔からこの『ゆうがお』の実を乾燥させて加工した

『ふくべ細工』が盛んなのだそう。

ふくべ1

出典:http://tochimarukun.jp

『ゆうがお』は大きいという事もあってか、“お面”に加工されているものが

多いようですね。

それから楽器のボディの一部に使用されていたそうです。

ふくべ

出典:http://www.khmoan.jp

こんな風に楽器の一部として使用されています。

ボディーが空洞になっていて、上に付いている弦をはじくと音が出るようでね。

今回の『かんぴょうスピーカー』はそこから発想したのかも知れませんね。

『かんぴょうスピーカー』の画像がコレ!!

では、『かんぴょうスピーカー』の画像を見てみましょう☆

かんぴょう

出典:http://beckham23.xsrv.jp

何だか凄いインパクトですよね💦

大きな目の部分がスピーカーになっているんですね。

ちゃんと転げないように“脚”が付いていますね。

頭には“つる”の部分が少し残されていて可愛いですね。

また

かんぴょう1

出典:http://shop.soundtec.co.jp

このように目の部分が白い『かんぴょうスピーカー』もあるんです。

でも、白い方、ちょっとコワイかも?

スポンサードリンク

『かんぴょうスピーカー』の“サウンドテック 高橋電機”とは?

『かんぴょうスピーカー』を作った“サウンドテック 高橋電機”はどんな会社

なのでしょうか?

 

この“サウンドテック 高橋電機”は、オーディオ専門店。

“サウンドテック 高橋電機”は昭和44年の創業。

オーディオ製品の音質向上を追求し続け、バイオリンの祖先、ラバーブという弦楽

器に使われていた事から、『かんぴょうスピーカー』を考案。

2015年12月から『かんぴょうスピーカー』を販売。

 

販売当初の目標は年間一日1個作って、年間販売目標は365個。

この販売当初から既に200個の予約があったようです。

HPを覗いてみましたが、現在の生産量はわからず。

 

ですが、今回の『月曜から夜ふかし』のオンエアで販売が増えるかも

知れませんね。

『かんぴょうスピーカー』の評判は?

この『かんぴょうスピーカー』の評判が気になりますね?

その評判を調べてみると、昔から『ゆうがお』の実を乾燥させて楽器のボディーの

“共鳴部分”に使用されている事もあって、とてもいい音で透き通った音色で

評判も高い。

 

その上、『かんぴょうスピーカー』はとても軽量なので、持ち運びも良く、使い

勝手が良いということで、評判は良いようですね。

スポンサードリンク

『かんぴょうスピーカー』の値段や購入方法は?

さて気になるお値段や購入方法はどのようなものなのでしょうか?

お値段は、¥63,000-(税抜)

なかなか良いお値段ですね。

 

まあ一つ一つ手作りという事ですし、『ゆうがお』を育てて、実を収穫、

それを乾燥させて『かんぴょうスピーカー』を作るという事ですから、

このお値段でも納得ですよね。

 

購入方法はHPから注文の受注販売という事で、注文順に商品を納品という事で

早くて手元に届くまで6ヶ月。

音楽好きの方、ぜひご購入をご検討されてみてはいかがでしょうか?

☆“サウンドテック 高橋電機”☆

営業時間:10:00から19:00

休業:月曜日

HP:http//www.it-service.co.jp/a/soundtec/

TEL:0285−27−2596

FAX:0285−27−2967

 

また、商品を納品の際には、購入者の方に商品を見て頂いて、納得していただいて

納品という事です。

とてもお客様思いの会社ですね。

今回のまとめ

『かんぴょうスピーカー』販売の“サウンドテック 高橋電機”。

昔から楽器の一部に使用されていたという『ゆうがお』の実をスピーカーに利用

するという発想、流石オーディオ専門店ですね。

かんぴょう5

出典:http://mg-cdn.jg.jugem.jp

上の画像は『かんぴょうスピーカー』と写る高橋社長です。

『かんぴょうスピーカー』に続く商品の開発が楽しみですね☆

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きましてありがとうございました☆

またのご訪問をお待ちしております♪