みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

今回は2017年4月17日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部』から、

“絶滅危惧種動物サイガ20万頭謎の大量死”にスポットを当てました。

 

絶滅危惧種の動物、サイガが20万頭も死んでしまうという事は、尋常ではない出来事です。

この大量死の原因が徐々にわかりつつあるようです。

それは“パスツレラ症”。

今回は、サイガとはどんな動物なのか?

大量死の原因とされる“パスツレラ症”の感染ルートや症状、予防策などについて

調べてみました。

スポンサードリンク

サイガとは?

サイガとは、どんな動物なのでしょうか?

“謎の大量死”を調査する前に見てみましょう。

サイガ2

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp

何ともかわいらしい顔の動物ですね。

このサイガは肩高が最大80cmという小型のウシ科サイガ属の哺乳類。

中央アジアの大草原で大きな群れを作っており、カザフスタンに全生息数の90%

が暮らしています。

またオスの数が少ないのですが、強いオスになると最高50頭ものメスとハーレム

を形成します。

このサイガですが、“IUCN”(国際自然保護連合)で“絶滅危惧種”、いわゆるレッドリス

トに載っているという大変貴重な動物です。

サイガは1990年代には生息数が100万頭を超えていましたが、密猟と、この

原因不明の病気の為に数を急激に減らし、2003年にはカザフスタンの生息数は

2万1000頭にまで激減してしまいました。

密猟されてしまう理由はサイガの角が漢方薬になったり、その肉がおいしいという

事があるそうです。

また、サイガは一度の出産に2頭の仔を産むという事で、この謎の病気の特定が出

来なくても、密猟を減らす事によって、個体数を増やす事が出来るとしています。

スポンサードリンク

サイガに起こった事“謎の死”とは?

今回のサイガの大量死。

今回放送ではサイガが20万頭も死亡した事を放送します。

ですが、このサイガ、2015年に1ヶ月の間にカザフスタンに生息する

個体数の約40%にあたる約12万頭が死亡しています。

 

その事がどうして“謎の死”とされていたのか。

それは、原因がわからないという事。

 

ですが、このサイガ、2015年のような大量に死亡するという事は無いにしても

ある程度の大量死は珍しい事ではないそう。

 

また、これまでの大量死は、出産期に起こっています。

この時期になるとサイガのメスは、出産のピークとなる一週間弱に群れをなします。

 

その事から、この時期に何らかのウイルス性で致死力のあるものに集団感染し

た事により、大量に死亡するのではないか?という見解が出ました。

サイガ、大量死の原因が遂に判明?

続きは次のページへ!!