“菊野昌宏(独立時計師)WIKI 作品

購入方法は?経歴や学歴について”

 

菊野昌宏さんは“独立時計師”

調べてみると、普通の“時計師”とはちょっと

違うのです。

 

また、菊野昌宏さんの作る時計は、現代のよ

うな電池や電気を使用して動く時計ではなく、

昔ながらの“機械時計”。

 

細かな部品を一つ一つ手作りで作り、時計を

組み立てていきます。

デザインも素晴らしく、1本2,000万円

もする時計があることも頷けます。

 

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-mu-inkoです。

では早速、菊野昌宏さんに迫ります!

 

菊野昌宏の独立時計師とは?

菊野昌宏さんの“独立時計師”。どのような職

業なのでしょう。

出典:https://mobile.twitter.com/hiko_mizuno/status/666811947879272449

独立時計師”とは、時計メーカーに所属せず

に、アトリエを構え、時計を制作する“時計

作家”。

 

そして『AHCI』という国際組織の独立時計

師アカデミーに所属している時計師といい

ます。

 

また、このアカデミーには世界で30人ほど

しか所属していないという、凄い組織です。

 

菊野昌宏の作品を動画で紹介

菊野昌宏さんの作品はどのようなものなのか

とても気になりますよね。

 

菊野昌宏さんのインタビューとともに、作品

が紹介された動画がありましたのでご紹介し

ます。

 

とても小さな時計の部品を一つ一つ組み立て

る緻密な作業や素晴らしいデザインの時計を

ご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

どれもすばらしい時計でしたね。

最後の“からくり式”の時計の鶴の羽根や動き

が細かく、本当にスゴいの一言です。

 

みなさんはどの時計が印象に残りましたか?

 

また、後でご紹介する時計師を目差したきっ

かけも語られていましたが、改めてご紹介し

ます。

 

菊野昌宏の作品を購入できる?

菊野昌宏さんの時計はかなり高価なもの。

簡単に購入できる人は僅かだと思いますが、

購入はどのようにすればよいのか見てみまし

ょう。

 

菊池昌宏さんの時計の購入は受注生産となり

ます。

 

菊池昌宏さんは購入希望の方と直接会い、作

品の制作過程、作品の価値などを知ってもら

った上で購入してほしいと考えています。

 

時計を作る為の全ての事に対して、納得頂い

た上で、請け負います。

スポンサードリンク

今回、2018年3月1日より“朔望”(さくぼ

う)という名前の時計の受注を開始したそうで

す。

その“朔望”が下記画像です。

出典:https://www.masahirokikuno.jp

名前の“朔望”の“朔”は満月、“望”は新月を

あらわしているそうです。

 

文字盤のデザインが緻密で美しい時計です

ね。

価格は¥5,000,000-

 

受注からかなり日が経っていますが、ご興

味のある方や作品の詳しい説明は菊野昌宏

さんのHPをご覧下さいね。

 

☆菊野昌宏さんのHPは下記からどうぞ。

↓ ↓ ↓

https://www.masahirokikuno.jp

 

菊野昌宏の経歴や学歴。自衛隊入隊も

菊池昌宏さんの経歴や学歴についてですが、

最終学歴は『深川高校』卒業。

 

高校を卒業すると時計師とは関係のない陸

上自衛隊へ入隊していた過去がありました。

 

どうして陸上自衛隊へ入隊したのか?理由が

気になりますね。

 

理由を調べてみると、

「成績があまり良くなかったので、大学進学

は考えていなかった」

という理由。

ですが、この事が時計師へのきっかけとなり

ました。

 

自衛隊入隊が時計師へのきっかけはなぜ?

そのような理由で、陸上自衛隊へ入隊する訳

ですが、実はそこに現在の時計師となるきっ

かけがあったのです。

 

それは、上官が身に付けていた時計。

その時計は、電池や電気を使わない“機械時計”。

 

そんな時計に興味を惹かれ、書店で機械時計

について調べるように。

自らも何本か機械時計を購入します。

 

機械時計はアナログな上、とても高額。

にもかかわらず、愛好家が多いということに

益々魅力を感じることとなります。

 

自衛隊生活を終え、時計師の道へ

菊野昌宏さんは、4年間の自衛隊生活を終え

ヒコ・みづのジュエリーカレッジ』へ。

 

このカレッジの“ウオッチコース”を受講。

 

このコースではウォッチメーカー、時計師に必

要な

●ムーブメント内部の設計・製作

●時計修理技術

を学びます。

 

そんな中、菊野昌宏さんは“ハンドメイド制

作者”を選択。

 

“ハンドメイド制作者”はその言葉の通り、ほ

とんどの部品をヤスリなどを使い、自分で作

ります。

 

この手法を選んだきっかけは和時計の最高傑

作と言われる“万年時計”を分析し、調査する

プロジェクトに参加したことがきっかけ。

 

その部品の歯車は当時の時計師がヤスリだけ

で削り出したもの。

 

この事を知り、時計を作りあげようとする時

計師の強い意志と情熱を感じます。

そして

「意志と情熱があれば、部品は手作業

で作れる。

思いのこもった部品で時計が作れる」

そう確信し、“ハンドメイド”で時計をつくる

ことに。

 

そして日々、時計師としての経験を積み上げ

ます。

 

その結果、2011年には『AHCI』の準会

員に。

そして2年後の2013年には正会員とな

っています。

スポンサードリンク

『ヒコ・みづのジュエリーカレッジ』について

菊野昌宏さんが学んでいた『ヒコ・みづのジ

ュエリーカレッジ』を簡単にご紹介です。

4つのコースがあります。

 

◎ウォッチコース

●ウォッチメーカーコース(2年制)

●ウォッチメーカーマスターコース(3年制)

●キャリアスクールウォッチメーカーコース

 

◎ジュエリーコース

●ジュエリープロダクトコース(2年制)

●ジュエリークリエーターコース(3年制)

●アドバンスドジュエリーコース(4年制)

 

◎シューズコース

●シューメーカーコース(2年制)

●シューメーカーマスターコース(3年制)

 

◎バッグコース

●バッグコース(2年制)

●バッグマーカーコース(2年制)

 

学費についてですが、菊野昌宏さんが在籍し

ていた“ウォッチコース”は、一年次の学費は

約150万円、この他工具などに約50万円

かかるそうです。

 

◎住所《本校舎》

〒150−0001

東京都渋谷区神宮前5−29−2

 

◎TEL

●フリーダイヤル:0120−00−3389

入学相談室直通

●通常TEL:03−3499−0300

 

◎FAX

03−3499−0359

 

☆詳しくは下記HPをご覧下さいませ☆

http://hikohiko.jp

スポンサードリンク

菊野昌宏のWIKI、プロフィール

では、菊野昌宏さんのWIKI、プロフィール

について。

出典:http://www.sankeibiz.jp

菊野昌宏さんは1983年2月8日生まれ。

出身地は北海道深川市。

 

彼女や結婚についてですが、手に指輪をされ

ていますので、彼女がいる、もしくは結婚さ

れているようです。

 

プライベートのことなど、詳しいプロフィー

ルがありませんでしたが、今回出演の『クレ

イジージャーニー』で何かしら紹介されるの

でしょうか?

 

最後に

最近の『クレイジージャーニー』は過激な

ものが多かったですが、今回はとても繊細

な内容ですね。

出典:http://bp.shogakukan.co.jp

今回の菊野昌宏さんが選んだ“時計師”とい

う世界を私も学生時代に知る事が出来てい

たら、目差してみたかったですね。

 

もし機会があれば“時計師”の世界に触れてみ

たいと思いました。

 

菊池昌宏さんの作品を間近で見てみたいもの

ですね。

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。