【月曜から夜ふかし】ですっかり有名になった

桐谷さん。

この度、遂にお引っ越しするとか。

今回は改めて桐谷さんを調べてみようと思い、

“引っ越し”の事も調べましたが

主に恋愛についてにスポットを当てて

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

桐谷広人さんのプロフィールと経歴

出典:http://raionesuchage.up.n.seesaa.net

名前 桐谷広人(きりたにひろと)

生年月日 1940年10月15日

出身地 広島県

職業 元将棋棋士・現在投資家

将棋界プロ入り年月日 1975年7月14日(25歳)

師匠 升田幸三実力制第四代目名人(九段9)

段位 七段

 

『自転車で爆走する投資家の桐谷さん』というイメージだと思いますが

多くの方がご存知のように

桐谷さんは元プロの将棋棋士。

出典:http://www.frontale.co.jp

出典:http://firstview.heteml.jp

上の画像は若かりし頃の桐谷さん。

1972年プロ棋士になります。

当時まだ珍しかった研究派の棋士で「コンピューター桐谷」の

異名を持っていたそう。

囲碁・将棋チャンネルでは「桐谷広人の将棋講座」

「名勝負の解説」にも携わっています。

1996年に“第9期竜王戦”で5組に昇級。

2000年には現役勤続25年で表彰を受けておられます。

2007年、将棋棋士を引退。

投資家としての桐谷さん

桐谷さんが株投資を始めたきっかけは何だったのか

見てみましょう。

1984年、東京証券協和会将棋部の師範をしていた事を

きっかけに、独学で株式投資を学びます。

この事で“財テク棋士”としても知られるようになり、

財テク関連の雑誌に登場したり、

NHKのテレビ番組「家計診断 おすすめ悠々ライフ」にも

出演したりされていました。

2006年時点では株式を約400銘柄、時価3億円を保有。

何とそのうちの約1億円が株主優待銘柄だそうです。

それだけの銘柄を保有されていたら、自転車を爆走させて

優待券を使わないと、時間的に足りないですよね(苦笑)

これだけ多くの優待券があったら使用期限を把握しておくのも

大変だと思いますが、そこは元プロの棋士。

記憶力に優れていらっしゃるので、すべての銘柄の期限は

頭の中にちゃんと入っているそうです。

利用価値の低い期限付きの商品券は金権ショップへ。

現金を使用するのは、家賃、光熱費やインターネットの使用料位で、

この現金も配当金で賄っているという事で、大きく考えると

すべてを“株投資”で賄っているという事ですね。

そんな桐谷さんも2008年“リーマンショック”や

棋士時代の信用取り引きが裏目に出て、

2013年時点には時価が約5000万円まで激減したとか。

やっぱり株の世界は難しいというか、コワイですね(苦笑)

そんな桐谷広人さん、結婚や彼女は?続きは次のページへ