みなさん今日は。

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

今回は“紅白出場歌手K”という事で、2008年に“home”で

紅白出場された木山裕策さんを【爆報!THEフライデー】で

取り上げます。

最近は“カラオケバトル”に出演されていたようですが

メディアで見かける事がほとんど無くなった木山裕策さん。

現在や改めてプロフィール等を調べてみました♪

スポンサードリンク

木山裕策さんのプロフィール

%e6%9c%a8%e5%b1%b1%ef%bc%94

 

 

 

出典:http://www.asahicom.jp

木山裕策さんは大阪府大阪市京橋出身でいらっしゃいます。

 

1968年10月3日生まれの48歳。

最終学歴は『大阪外国語大学外国語学部スペイン語専攻』。

後に上京されます。

 

もちろんご結婚されており、ご家族に4人の男の子がおられます。

%e6%9c%a8%e5%b1%b1%ef%bc%91

出典:https://4yuuu.s3.amazonaws.com

木山裕策さんは2007年に『歌スタ!!』というオーディション番組に

出演。最初のオーディションは不合格となりますが、リベンジし、見事に

合格。

その後『home』がヒットします。

そして『紅白歌合戦』に出場しました。

歌手としてデビュー後間もなく『紅白歌合戦』に出場する快挙を

成し遂げた木山裕策さん。

実はご結婚された当時は脚本家を目差しておられてそうで

元から歌手を目差されていた訳ではなかったようです。

ではどうして、歌手を目差す事になったのでしょうか?

それは“ある事”がきっかけでした。

木山裕策さん、甲状腺に“腫瘍”が

木山裕策さんは過去に甲状腺に“腫瘍”が見つかります。

それは木山裕策さん36歳の時でした。

腫瘍の摘出を行うに当たって、声が出なくなるかもしれないと

担当の医師より聞かされます。

幸い手術は成功し、声も失う事はありませんでした。

木山裕策さんが歌手を目差した理由

木山裕策さんは甲状腺に“腫瘍”ができ、その摘出の際に声を失うかも

知れないと医師から告げられた時、

「大好きな歌をもっと歌っておけば良かった」

と後悔したと同時に、声が出たら

「残そう!子供達の為に僕の歌声を残そう!!」

と思ったと言います。

幸い、声を失う事はなく、半年かかったそうですが、再び歌う事が出来るように

なります。

そして、一人でカラオケボックスに通い、歌声をCDに録音します。

4、5枚のCDに歌声を録音した時点で、「他に何か出来る事は?」と

考えていた時にオーディション番組の『歌スタ!!』を思い出します。

 

そして木山裕策さんは2007年に『歌スタ!!』というオーディション

番組に出演。

初めての際は、一次は通過するものの、最終オーディションは不合格に。

ですが、悔しいと思いつつもやれるだけの事はやったと思い、歌手の道を

諦めようとします。

そんな時、この番組で一次審査に合格した際『home』を作曲してくれた

作曲家の多胡邦夫さんに

「ここで諦めちゃいけない!

この曲(home)だけは諦めたくない。

もう一度一緒に頑張りませんか!?」

その一言に押されて、リベンジし、見事合格。『紅白歌合戦』に出場

するまでになりました。

木山裕策さんの現在は?

歌はどうなったの?

続きは次のページへ!!