みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

最近、ニュースではアメリカの新大統領トランプ氏の政策についての

論争が激しいですよね。

 

その中で、“移民問題”がクローズアップされています。

特定の国からの入国を拒否する法案が出されたとか。

 

その移民の中には母国での貧困からアメリカへとい人達も多い事でしょう。

この貧困という問題、なかなか解決は難しいですね。

 

今回の『カンブリア宮殿』は、そのような貧困に苦しむ国の人々を助ける為に

NPO法人『TABLE FOR TWO(テーブ フォー ツー) International』(TFT)を立ち上げた

代表理事の小倉真久(こぐれまさひさ)さんにスポットを当てます。

 

そこで今回は小倉真久さんが代表理事を努めておられれるNPO法人『TFT』も

気になりますが、まず小倉真久さんのプロフィールを調べてみましたよ♪

☆この記事の目次の内容☆

1、小倉真久さんのプロフィール

2、小倉真久さんの経歴

3、小倉真久さんの活動

4、小倉真久さんの収入(年収)は?

5、小倉真久さんの彼女や結婚は?

6、小倉真久さんのまとめ

スポンサードリンク

小暮真久さんのプロフィール

小暮2

出典:http://www.adecco.co.jp

小倉真久さんは1972年9月20日生まれの44歳(2017年2月現在)

東京都に生まれの社会起業家です。

小学校や中学はわかりませんでしたが、高校は早稲田大学高等学院へ進学。

1991年、早稲田大学理工学部機械工学科へ進学、卒業されておられます。

 

大学を卒業後は、オーストラリアの“スインバン工学大学”で人工心臓の研究を

されます。

 

大学卒業後には人工心臓の研究をされているという事で、現在のNPO法人の活動に

直接関係がない道をすすまれたように思いますよね?

次にそこからどのようにして、NPO法人の設立に繋がっていったのか、その経歴を

みてみましょう。

小暮真久さんの経歴

小暮真久さんは1999年、“スインバン工学大学”で大学修士号を取得します。

同年、“マッキンゼー・アンド・カンパニー”(東京支社)入社。

その後、2004年、同社の米ニュージャージー支社勤務。

2005年同社を退社。“松竹株式会社”に入社し、事業開発を担当されます。

2007年、特定非営利活動法人『TABLE FOR TWO(テーブ フォー ツー) 』(TFT)の

経済学者のジェフリー・サック氏に出会います。

その事がきっかけでNPO法人『TABLE FOR TWO(テーブ フォー ツー)

International』(TFT)を設立。

先進国と発展途上国の間に生じている食料不均衝問題の解決に取り組んで

おられます。

小暮真久さんの活動

小暮真久さんの活動は高く評価され、数々の賞を受賞や賞に選出されています。

下記が主な内容です。

●2009年、公益社団法人日本青年会議所 人間力大賞 厚生労働大臣賞奨励賞 受賞

●2010年、ビジネス書大賞実行委員会 ビジネス書大賞 新人賞 受賞

●2011年、シュワプ財団 世界経済フォーラム “アジアを代表する社会起業家”賞、

日経BP社 “第10回に本イノベーター大賞”優秀賞 受賞

●2012年、Forbes誌 “世界を代表する慈善活動家ヒーロー48人”選出

●2013年、The AsianAwards “社会起業家部門”選出

小暮真久さんの活動に国内はもちろん世界の人々も注目されています。

小暮真久さんの年収(収入)は?

続きは次のページへ!!