みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

みなさん、『クレイジー・ジャーニー』のウイスキー特集、ご覧になりましたか?

タイトルは“世界中のウイスキーにロマンを馳せる男”でした。

私はとても勉強になりましたし、とても楽しく番組を観ました。

 

今回はその回の主人公『目白 田中屋』の栗林幸吉さんがご紹介して下さった

『アイラ島』のへんぴな場所に建つ“未知なる蒸留所”についてどんな所だった

のか観てみましょう♪

☆この記事の目次♪

1,栗林幸吉さんが目差した“へんぴな場所の蒸留所”

2,“へんぴな場所に建つ蒸留所”へ遂に到着!!

3,『アードナムルッカン』はこだわりの詰った蒸留所

4,出荷前のウイスキーを樽ごと販売する理由は?

5,栗林幸吉さん、“バリンチ”に感動!!

6,今回のまとめ

スポンサードリンク

栗林幸吉さんが目差した“へんぴな場所の蒸留所”

今回、栗林幸吉さんがアイラ島にわざわざ足を運んだ理由の一つが、この

へんぴな場所に建つ“未知なる蒸留所”を訪れる事。

そこは“へんぴ”という事だけあり、

スクリーンショット 2017-04-21 2.57.22

そう、車で1日半もかかる場所にありました。

スクリーンショット 2017-04-21 3.00.34

まさしく周りには何もなく、本当に不便そうでへんぴな場所。

そんな場所に目差す蒸留所が!!

スクリーンショット 2017-04-21 2.58.07

その目印がこの建物。

蒸留所であるという目印は、“ピート”を燃やした時の煙を逃がすための

構造をした屋根が目印。

その目印の屋根を発見。

遂に“へんぴな場所に建つ蒸留所”が。

“へんぴな場所に建つ蒸留所”へ遂に到着!!

スクリーンショット 2017-04-21 2.58.32

その蒸留所は『アードナムルッカン』。

スクリーンショット 2017-04-21 2.58.50

この蒸留所は2013年に創業したばかりの新しい蒸留所。

スクリーンショット 2017-04-21 2.59.08

という事で、ウイスキーを出荷する為には3年以上寝かす必要がある為に

まだウイスキーの販売はしていません。

スクリーンショット 2017-04-21 2.59.23

まだ誰も見た事も飲んだ事もないウイスキーがそこにありました。

蒸留所に着くと早速オーナーと蒸留所所長がお出迎え。

スクリーンショット 2017-04-21 3.01.28

オーナーのアレックスさん

スクリーンショット 2017-04-21 2.59.53

蒸留所所長のフレーザーさん。

栗林幸吉さんは早速、蒸留所の中へ。

スポンサードリンク

『アードナムルッカン』はこだわりの詰った蒸留所

この蒸留所では、原料の大麦にこだわり、自社で収穫した麦を使用。

現代では原料のコストを下げる為に、他の土地のものを使用するところが

ほとんど。

 

そんな中、『アードナムルッカン』では、大麦の他、原料に使用するものは

すべてこの土地で穫れるものからウイスキーを作るというこだわりよう。

 

またこの蒸留所は今まで訪れた蒸留所よりもコンパクト。

中に入ると蒸留と熟成をする部屋は別々、という事が普通の所を一体化。

同じフロア内に設置します。

スクリーンショット 2017-04-21 3.05.13

スクリーンショット 2017-04-21 3.05.28

このように同じフロアにするということは、オーナーが『ボウモア』の蒸留所

に携わっていた時に自ら培った知識がこういった事を実現させるに至ったと

栗林幸吉さんは語ります。

 

確かに、経験が無ければ、今まで別々のフロアで行っていた行程を一つの

フロアで実現させるという事は考えつかないでしょう。

スクリーンショット 2017-04-21 3.06.34

奥へ入ると、出荷を待つ樽がぎっしり。

スクリーンショット 2017-04-21 3.06.52

そこにはもちろん初年度に樽に詰めたウイスキーも眠っています。

スクリーンショット 2017-04-21 3.07.19

ディレクターが“LUCA PAPA ”というサインを発見。

これについて訪ねると

スクリーンショット 2017-04-21 3.07.37

ウイスキーを樽ごと販売しているとの事。

このサインはこの樽を購入した人の名前。

ここにあるウイスキーは最低でも7年間寝かしてから販売するのだとか。

スポンサードリンク

出荷前のウイスキーを樽ごと販売する理由は?

なぜ事前に樽ごとウイスキーを販売するの?と疑問に思った方もおられるのでは

ないでしょうか?

 

その理由はウイスキーを出荷するまでには、最低3年は寝かしてから販売すると

しなければなりません。

という事は、出来たばかりの蒸留所では、そのウイスキーを出荷するまでの期間は

販売出来ない為に無収入に。

 

その期間の収入を補う為に、販売前にいわゆるパトロンに樽ごと購入してもらう

といいます。

 

ウイスキーが私達の口に入るまでに最低3年の時間が必要。

栗林幸吉さんは、この事から

スクリーンショット 2017-04-21 3.09.05

“ウイスキーは時間を飲む飲み物”

と表現されます。

でもまさに、その通りですね。

『アードナムルッカン』の蒸留所をこの“へんぴな場所”に建てた

理由とは?

続きは次のページへ!!