元日本ユニバース代表の宮本エリアナさん。

【有吉反省会】では、驚きの恋愛について発言されていましたね。

そんな宮本エリアナさんが、同放送回に出演の“反省人”と

デートする事に!!

そんな訳で、みなさんは宮本エレアナさんの事をご存知かも

知れませんが、調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

宮本エリアナさんのプロフィールや経歴

宮本エリアナさん

出典:http://cdn.mainichi.jp

別名義 宮本・エリアナ・麿美子

生年月日 1994年5月12日

出身地 長崎県佐世保市

身長 173cm

スリーサイズ 87−60−87(2015年時点)

地元の中学校を卒業後、米国へ留学し、日本に帰国後、

バーテンダーのアルバイトに就く。

その後、渡米し、モデル活動を開始。

2014年11月、「ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会」でグランプリを受賞。

2015年3月開催の日本大会で総勢43人のファイナリストの中から

グランプリを獲得。日本代表に。

現在は日本を中心にモデル活動。

宮本エリアナさんのお父様がアフリカ系アメリカ人という事で、

お母様は長崎県佐世保出身だそう。

エリアナさん母

出典:http://syouheinouhau.daa.jp

宮本エリアナさんの出身地も長崎県佐世保市、お母様も同じですが、

佐世保と言えば米国軍佐世保基地が近くにありますが、

お父様はそこで勤務されていたそうです。

そんな事もあってお母様と運命的な出会いをされてのでしょうね。

後に宮本エリアナさんが中学校卒業後の留学先は

お父様の出身地であるアーカンソー州ジャクソンビルだったそう。

「ミス・ユニバース」に参加するまでは、バーテンダーのアルバイトを

していたそうですが、参加後に辞めたそうです。

大型自動二輪車の免許を持ってい、趣味はオートバイツーリング。

そんなワイルドで活発な所がある反面、特技が書道。

この書道については5段の腕前。

後、日本料理が得意だそうで、お味噌汁は鰹でちゃんと出汁をとって

作るというこだわりがあるそうです。

料理はやっぱり手間をかけて作った方がおいしいですものね☆

2015年の「ミス・ユニバース日本代表」に選ばれた宮本エレアナさん。

“純粋な日本人”ではないという事で、いろいろな批判があったようです。

“ミス・ユニバース”とは?

“ミス・ユニバース”は世界80カ国以上の国の代表の女性が世界一の美の栄冠を競う

祭典の一つ。

“ミスワールド”、“ミス・インターナショナル”と合わせて

『世界3大ミスコンテスト』とされています。

日本人で過去の優勝者は2人。

●小島明子さん

1959年、日本人初の優勝者。

●森理世さん

2007年に優勝されています。

今までもそうであったように、出場者の両親は日本人であり、

“外見”も直に日本人とわかる方達です。

では

選考基準とは?

単なる外見の美しさだけでなく、知性・感性・人間性・堅実さ・自信などの

内面も重視されるそう。

また、積極的に社会貢献したいという社会性を兼ね備えて、

尚且つ、各国の代表と対等に建てるグローバルな女性像が求められるそうです。

今回の宮本エリアナさん場合はどうなのでしょうか?

“ミス・ユニバース”の代表になる為には、国内大会の“ミス・ユニバース・ジャパン”で

優勝しなければなりません。

この大会で優勝をしたのですから、“ハーフだから、どうの”とか、

“日本人を彷彿出来ない”から、代表はおかしいのではないか、と言う批判は

全くわからなくはありませんが、公式に大会に出場して代表となったのですから

その部分はあまり追求しないであげてほしいものです。

宮本エリアナさんが一番その部分について悩み、そして

“ミス・ユニバース”の予選に出場し、今現在がある事を知っていてほしいと思います。

その裏には、学生時代の辛い体験、大会への出場、代表になった事への

苦悩があったのです。

宮本エリアナさんの辛い体験、苦悩とは?続きは次のページへ