今回の【行列のできる法律相談所】に一人コント俳優の

モロ師岡さんが出演。

いろいろな映画やドラマに出演され、引っ張りだこの

俳優さんの一人ですよね。

ドラマ出演で印象に残ると言えば、ドラマ『半沢直樹』の

角田役の印象があるのではないでしょうか。

そんなモロ師岡さんが、【行列のできる法津相談所】に

出演されるという事ですがいきなり

“ファンキーすぎる妻登場”で怯えるとか。

モロ師岡さんは見るからに優しそうな感じなので

きっと奥様に押され気味なのでしょうね。

そんな訳で、まず今回は“ファンキーすぎる”という

奥様を調べてみましたよ♪

もちろん、モロ師岡さんの事も少し

調べてみました♪

スポンサードリンク

楠美津香さんのプロフィール

モロさん2

出典:http://kusunoki-mitsuka.com

生年月日 1962年3月24日

出身地 東京都

最終学歴 横浜放送映画専門学校(現:日本映画学校)

特技 着物を3分44秒で着る(足袋を履くところから)

趣味 ギター・バイオリン・ボディビルディング

家族 既婚。ご主人は一人コント俳優のモロ師岡さん。

   お子様が1人いらっしゃいます。

“楠流家元”で女優だそうです。プロフィールに“楠一座”という記述も

ありました。

とてもユーモアのある方ですよね。

楠美津香さんは元々、女優志望だったそうですが、内海桂子・好江さんの

漫才教室でお笑いに目覚めます。

余談ですが、楠美津香さんはモロ師岡さんの一人コントを観に行った事が

きっかけで、一人コントの道に入ったようです。

という事で、楠美津香さんは、モロ師岡さんのファンだったという

事ですね☆

楠美津香さんの経歴

横浜放送映画専門学校を卒業すると、1982年、コントグループ『ビック

ルス』、1986年、『ふらみんご』で活躍。

NHKの新人演芸コンクールで最優秀賞等を受賞しますが、1989年頃、解散。

1992年、一人コントの単独ライブを始めます。

後に放送作家とストリップ劇場の幕間のコメディアンやDJ、

パーソナリティ等を経て“実践的ひとりコント”を自演自作。

モロさん5

出典:http://www.cinemanest.com

日本で初めて“女性一人コント”を確立させます。

“渋谷ジャンジャン”で様々な女性達の世界を描いた“東京

美人八景”を上演。

同年の夏にモロ師岡さんと結婚。

1993年4月からい1年間、『たけし・逸見の平成教育委員会』に

レギュラーとして出演します。

2000年から、講談と演劇を組み合わせた独自のスタイルで

“一人シェイクスピア”(LSD)を始め、約10年間で全39作を上演。

“世界で一番わかりやすい格闘技系シェイクスピア”と呼ばれています。

シェイクスピアの他、数々の名作文学解読による一人舞台を上演して

います。

“ひとりシェイクスピア”と“ひとりコント”とは?

まずは“ひとりシェイクスピア”から。

内容はもちろん原作に忠実ですが、格調を全面的にカット。

舞台はとてもシンプルで後ろに幕が一枚。なぜか、舞台に黒板が

あり、机があるだけ。

舞台に楠美津香さんが登場すると、黒板に物語に出て来る人物の相関図

を書き、物語を面白く解説し、その後、一人舞台を展開。

もちろん、そこに登場する人物をすべて楠美津香さんが演じます。

モロさん8

出典:http://kusunoki-mitsuka.com/

楠美津香さんの凄い所は、解釈する事が難しいと言われている

シェイクスピアの演目を本来4時間から5時間かかる所、独自の解釈と

演技により2時間程で公演。

公演の途中では、物語の注釈が入ったり、ギターの弾き語りまで

あるそうです。

 

また、出て来る登場人物もちろん一人一人が演じ分けられており、

ある時は、少年に、老人に、そして美女にと演じ分けていらっし

ゃいます。

続いて“ひとりコント”についてですが、シェイクスピアの他に

“東京美人八景”や“プラチナプレイガール”があるようです。

また、脚色や演出も一人で行っているのだそう。

●“東京美人八景”とは?

1992年の舞台復帰より続けているシリーズ。

東京に生きる女性達に実像、虚像を鋭い観察眼、好奇心と批判精神

で作品を演じている。

●“プラチナプレイガール”とは?

上石神井のギャルや軽井沢婦人まで、いろいろなタイプの

変わった女性達の世界を演じる。

モロさん10

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

とにかく演技がパワフルで“格闘技系”でファンキーな舞台で観る者を

圧倒し、楽しませてくれる女優さんです。

楠美津香さんは自身の芸風を

「演劇にも演芸にも馴染まない立場。あえて、“一人称文学の世界”と

称しています」と語っておられます。

そんな楠美津香さんは1992年、国立演芸場 「花形演芸会」銀賞受賞、

1994年、国立演芸場 「花形新人大賞」特別賞受賞されています。

 

とても輝かしい功績を持たれている楠美津香さん。

ここまで来ると、ご主人であるモロ師岡さんの事も気になって

しまいますよね!?

では

モロ師岡さんのプロフィールや経歴は?

続きは次のページへ!!