みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます☆

今回は“世界最高齢ピアニスト”の室井摩耶子さんが

『爆報!THEフライデー』で取り上げられるそうです。

%e5%ae%a4%e4%ba%95%ef%bc%95

室井摩耶子さんが現在でもお元気に現役でピアニストを

続けておられる秘訣やプロフィール、経歴等を調べてみましたよ♪

☆この記事の目次☆

1、室井摩耶子さんのプロフィール(1ページ)

2、室井摩耶子さんの経歴(1ページ)

3、室井摩耶子さん、70代で“がん”に(1ページ)

4、室井摩耶子さんのご家族は?(2ページ)

5、室井摩耶子さんの元気の秘訣は“肉食”にあり!(2ページ)

6、室井摩耶子さんのまとめ(2ページ)

スポンサードリンク

室井摩耶子さんのプロフィール

%e5%ae%a4%e4%ba%95%ef%bc%92

出典:http://www.cdjournal.com

室井摩耶子さんは1921年4月18日生まれ。

2016年現在で95歳でいらっしゃいます。

出身地は不明でした。恐らく東京都という情報があります。

6歳の頃からピアノを始め、小学校4年生から高折宮次さんから

ピアノの指導を受けます。

6歳の頃にピアノにご両親からピアノを買ってもらったという事も

ピアノを始めたきっかけという事のようですが、それ以前から

音楽に興味があり、ピアノを始めるという事はごく自然な事だった

そうです。

室井摩耶子さんの経歴

続いて室屋摩耶子さんの経歴を見てみましょう。

1941年、『東京音楽学校』(現:東京藝術大学)を首席で

卒業。その後は研究科に進みます。

1943年に研究科を修了すると、1945年、リストとしてデビュー。

1956年、モーツァルトの『生誕200年記念祭』に日本代表として

ウィーンは派遣されます。

同年、『ベルリン音楽大学』に留学。

1964年、ドイツ出版の『世界の150人のピアニスト』として

紹介されます。

1980年に帰国。

その後は国内で多数の演奏活動を、今現在も年に2回程コンサート(リサイタル)

を開催され現役でいらっしゃいます。

 

室屋摩耶子さんは戦時中、流石にピアノは出来なかったようで、学徒動員で

軍需工場で工作機械の施盤をされていたそうです。

また、ピアニストとしての活動はもちろんですが、過去(1955年)に映画

『ここに泉あり』に実名ピアニスト役で出演されていたそうです。

室井摩耶子さん、70代で“がん”に

室屋摩耶子さんは90歳を超えた現在でも、現役のピアニストとして

活躍される程の元気とパワーを持ち合わせている方。

ですが、70代の頃に“肺がん”を患っていたそうです。

 

室屋摩耶子さん、“肺がん”を患った際には開き直ったそうです。

幸いな事に良い先生にも恵まれ、治療に専念し、克服されます。

何事も前向きに物事に取り組む室井摩耶子さん。

気になる室井摩耶子さんの結婚や家族は?

現在でも元気に現役の秘訣とは?

続きは次のページへ!!