今回の【クレイジージャーニー】に

41年間リアカーをひき、世界を一周分以上歩き倒した

永瀬正志さんが出演されます。

永瀬正志さんと同様、リアカーで今もなお世界を旅している

吉田正仁さんもおられます。

もしかするとこの方も後に【クレイジージャーニー】に

出演するかも知れませんね。

では、今回は永瀬忠志さんを調べてみましょう♪

スポンサードリンク

永瀬忠志さんのプロフィールや経歴

永瀬さん

出典:http://blog.goo.ne.jp

生年月日 1956年2月15日

出身地 島根県

小学校4年生の時に自転車で20km程の“旅”に出かけたことが

きっかけだったそうです。

その時にみた景色や出会いが幼少の頃の永瀬忠志さんの心を旅へと

かき立てました。

高校生の時には3日かけて島根県から大阪まで自転車で行ったり、

大学1年生で自転車で日本一周、大学2年生の夏には徒歩で

日本縦断にチャレンジします。

自転車で島根県から大阪まで3日もかかるのに、さらに

徒歩で日本を一周するなんて凄い行動力ですよね!!

では、どういういきさつで“リアカー”で旅をするようになったのでしょうか?

リアカーは偶然の頂き物?

初めてリアカーを手にしたのは、大学2年生の時の日本横断のチャレンジの時の事。

旅の出発地点に選んだ北海道でたまたま中古のリアカーを見つけたそう。

そこで、持ち主だったおじさんから譲り受けたと言う事でした。

でもどうしてリアカーをもらおうと思ったのでしょうね?

ちなみにもう一人のリアカーで世界を一周した吉田正仁さんがリアカーで旅をしようと

思った切っかけは“荷物を積めるから”だそうです。

永瀬忠志さんも同じ理由なのでしょうか??(笑)

この時のリアカーも後に世界一周の旅のお供をするリアカーにも

“名前”がついているそう。

初代(?)は“大左エ門”で世界一周のお供のリアカーは“田吾作”だそう・・・

何とも愛らしい名前ですね。

【編集中】