中宏夢さん、ゲイのおじさんに誘われる!?

中宏夢さんは以前、「今晩10万円でどう?」と

おじさんから誘われた事があり、会社経営者だったとか。

 

もちろん断ったそうですが、最近「今までの人生経験がつまらないなぁ」と

考える事が多くなり、今考えれば、あの時おじさんの誘いを受けいたなら

人生経験として面白かったかも、と、考えるようになったそうです。

 

中宏夢さん曰く、もちろん現在でもゲイの男性に興味は無いそうですが、

残念な事に若かりし日の“相場”も下がり、誘ってくる人はいないそうです。

もし誘われたらどうするんでしょうね(苦笑)

中宏夢さんの『じっくり聞いタロウ』収録の感想をブログで

今回の『じっくり聞いタロウ』の収録について、中宏夢さんがブログに

次のように書かれていました。

 

今回の収録時のMCはいつもの名倉順さん、河本順一さんに加え華原朋美さんが

出演。

その他、“トレンディエンジェル”のたかしさん、“グラビアアイドル”の

天木じゅんさんが出演。

 

それぞれ芸能人の方々の振る舞いや発言に圧倒されたそうです。

そんな中でも、華原朋美さんの発言が印象に残ったそうです。

スポンサードリンク

それは“薬物依存者”の方が自身が代表を務める更生施設について

「(依存症であった人が)いつでも戻ってこれる施設であり、仲間で

ありたい」

という発言に華原朋美さんは

「それは薬物への依存が人に対しての依存(共依存)に

すり替わってしまわないか?」

と発言したのだそう。

 

その事に対し、中宏夢さんは、華原朋美さんの発言が核心を突いたもの

だと思ったそうです。

なぜなら

“人との繋がりに問題があるから、人はなんらかの依存症になる”

“依存症の根底にある『人との問題』を解消出来ない限り

依存症は解消できない”

ということが挙げられるからだそうです。

 

やはり、どのような依存症も人との関わりが影響しているということ

のようです。

 

だからといって、誰とも交わる事無く生きていくということは出来ないこと

だと思います。

それを考えると“依存症”はとても難しい病気だということがわかりました。

中宏夢さんが風俗にハマった理由は?

中宏夢さんは風俗にハマってしまったのは21歳の頃。

_20170714_012040

年収が200万円しか無いのに100万円も借金して風俗に費やしていた

そうです。

 

結局トータル3〜400万円も費やしたと言います。

結果、生活は破綻

 

そもそもどうしてそこまで風俗にハマったのか?

その理由は、女性に対して強いコンプレックスがあったから。

風俗の女性以外の女性を好きになっても、自身に魅力が無いためか、いつも

上手くいかない。

その辛さから逃れる為に風俗へ逃げてしまい、やがて依存症になってしまった

そうです。

 

テレビ画面から観る中宏夢さんですが、全く女性にモテないようには見えない

のですが。

当時は自分に相当自信がなかったのでしょうね。

今回のまとめ

中宏夢さんは情報が本当に少ない方でした。

中宏夢さんのブログを読んでわかった事ですが、”風俗依存症”など、特に”性”が

関わる依存症は、本人がどうにかしたいと思っていても、内容が内容なだけに、

身近な人で相談できる人がいない、という状況が、より依存症を悪化させてし

まうようです。

今回『じっくり聞いタロウ』では、中宏夢さんの”風俗依存症”の話の他、

過去に”薬物依存症”の方、”アルコール依存症”の方が出演し、壮絶な過去を

語ります。

 

今回の放送で、それぞれの依存症で悩んでいる方が少しでも良くなる道筋が見つ

かることを願いたいと思います。

 

 

では、今回はこの辺で。

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております☆