今回の【アナザースカイ】には世界的なダンサーの一人

仲宗根梨乃さんが登場します。

目的地はアメリカのロサンゼルス。

どのような人物なのか調べてみました♪

スポンサードリンク

仲宗根梨乃さんのプロフィール

なかそねさん

出典:http://rqplus.jp

別名 リノ・ナカソネ・ラザラン

生年月日 1979年6月11日

出身地 沖縄県那覇市

身長 164cm

職業 ダンサー。振付け師

長所 好き嫌いがはっきりしている所

短所 好き嫌いがはっきりし過ぎている所

ハマっているもの カンフー

口癖 じらー

好きな食べ物 日本料理

好きな休日に過ごし方 好きな事をする

好きな色 青

好きな言葉 なんくるないさ

子供の頃、なりたかった職業 エンターティナー

子供の頃になりたかった職業に就ける人というのは

なかなかいませんから、叶って良かったですね。

続いて

仲宗根梨乃さんの経歴

1979年、沖縄県那覇市に生まれます。

沖縄県立那覇商業高等学校を卒業すると

19歳で渡米。大学に通いながらダンスの練習を開始。

1999年からロスに在住。

“SANTA MONICA COLLEGE”に通いながら本格的にダンスを始める。

その傍ら、ダンサーのオーディションやダンス教師に就く。

2003年、大学を卒業。

2004年、映画“You Got Servr”に出演。

同年には憧れの一人ジャネット・ジャクソンさんのバックダンサーの

オーディションを受ける事に。

ある事情により、ジャネット・ジャクソンとは仕事をせずに、

ブリトニー・スピアーズのワールドツアーバックダンサーを務めます。

同年、“MUSIC”という名前で歌手のグゥエン・ステファニーが率いる

「原宿ガールズ」4年間参加

2006年にジャネット・ジャクソンと再開。

その時はバックダンサーではなくアルバムのダンサーとして選ばれます。

2009年、アメリカ合衆国のダンス競技『America`s Beet Dance Crew』

シーズン3に出演し、準優勝。

同年5月に韓国の男性グループSHINeeのデビューシングルの振り付けで

振付け師のデビューを果たし、これをきっかけに“K−POP”アーティストの

振り付けに携わります。

そしてこちらも同年の2009年、“少女時代”の振り付けを担当。

彼女達の長い脚を活かした“美脚ダンス”(“GENIE”の振り付け)が

話題となり一躍有名に。

同年、2009年の4月、再びチャンスが訪れます。

あの幼い頃からの憧れだったマイケル・ジャクソンさんが10年振りに行うツアー

“THIS IS IT”のバックダンサーのオーディションのチャンスが舞い込みます。

結果は最終審査まで残りましたが、選ばれませんでした。

ですが仲宗根梨乃さん自身は、マイケル・ジャクソンサンの前で踊るという

夢を果たす事ができました。

そして、マイケル・ジャクソンさんは6月25日にこの世を去ってしまいます。

その後8月に行われたジャネット・ジャクソンさんの

「MTV MUSIC AWARD-MICHAEL JACKSON TRIBUTE WITH JANET JACKSON」

マイケル・ジャクソンさんの為にパフォーマンスを披露しています。

2010年、『プッシーキャット・ドールズ』に一時的に参加。

2011年には、ブリトニー・スピアーズのツアーで「トキシック」の振り付けを担当。

ダンサーになるきっかけと、

ジャネット・ジャクソンさんとの

運命的秘話とは?次のページへ