自らが「訪問」では無く「来店」してもらう

昔のお酒屋さんは、個別にご家庭から注文を受け、自らが配達。

そうなると、どうしても配達でお店を空けなければならない

部分が出てきます。その上、1日に対応出来る件数も

限られてきます。

そこで小川明彦さんは、「訪問」するのではなく、

お客様に「来店」してもらおうと考え、

コンビニエンスストアーへの業態変更を考えつきます。