今回の【プロフェッショナル】に、

あの話題となったテレビドラマ『コウノドリ』の

モデルとなった産婦人科医の荻田和秀さんが

登場します。

スポンサードリンク

荻田和秀さんのプロフィールや経歴

荻田さん1

出典:http://www.j-cast.com

生年月日 1966年3月1日

出身地 大阪府

血液型 O型

趣味 ジャズピアノ

苦手な食べ物 酢豚

学生時代にハマっていた事 バンド活動

休日の過ごし方 寝て過ごす

 

1984年、大阪教育大学附属高等学校平野校舎卒業。

その後、香川医科大学(現:香川大学医学部)に進学。

大阪警察病院、大阪府立母子保険総合医療センター等

勤務の後、大阪大学博士課程に進学されています。

 

 

荻田和秀さんは大阪府にある

『りんくう綜合医療センター』に勤務されてます。

そこは『周産期センター』であり、

産科医療センター長兼産婦人科長で

いらっしゃいます。

 

ここで

●周産期(母子)医療センターとは?

『周産期』とは妊娠22週から出生後7日未満と

定義の“出産前後”の時期を差します。

 

その重要な時期の変化に対応する高度な医療を

対象とした医療施設。

“産科”と“新生児科”の両方が組み合わされて

います。

 

通常の受診患者はもちろん、指定地域の

産婦人科から母体の危険や、新生児が

集中治療室(NICU)での処置が必要な場合、

速やかに受け入れる施設。

 

治療中の新生児を転院搬送する際には

「ドクターカー」での搬送を行います。

本当は医者志望ではなかった?そんな荻田和秀さんが

医者を目指すきっかけとなったのは?

続きは次のページへ!!