みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

今回ご紹介するのは2017年4月16日放送の『ボクらの時代』に出演の元宝塚娘役で相武紗季さんのお姉様、音花ゆりさん。

 

今回、音花ゆりさんがテレビ出演は初めてなのだそう。

という事は、妹の相武紗季さんとのツーショットも初という事ですね。

とても美人な音花ゆりさん。

年齢や彼氏、結婚はしているのかや、宝塚時代が気になりますよね?

 

という事で今回は音花ゆりさんを調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

音花ゆりさんのプロフィール(年齢/身長)

音花

出典:http://i0.wp.com

音花ゆりさんの本名は相武由莉さん。

年齢について。

これについては明確に西暦はわかりませんでしたが、12月16日生まれという事。

1999年4月に“宝塚音楽学校”へ入学という事ですので、その事から推測して、受験資格があるのは中学3年生から高校3年生までですので、1999年時点で15歳から18歳。

という事で生年月日は1981年から1984年という事でしょうか。

そこから推測すると2017年時点で年齢は33歳〜36歳。

一説によると1983年生まれという事なので34歳(2017年現在)という事です。

 

出身は兵庫県。

身長は161cm。

“宝塚歌劇”の娘役としては平均的な身長なのでしょうかね。

 

音花ゆりさんのお母様も“宝塚歌劇団”のOGで朱穂芽美さんとおっしゃいます。

そして、妹は女優の相武紗季さん。

とても華やかなご家族ですよね。

奥様と娘が宝塚女優でもう一人の娘も人気女優のお父様はさぞかし嬉しい事でしょうね。

 

音花ゆりさんは小学生の高学年から宝塚歌劇女優を目差します。

中学校は“雲雀丘学園中学校”に進学されました。

 

『宝塚歌劇団』に入学した時の成績は42人中6位という好成績で入団されました。

その後、娘役で活躍されます。

スポンサードリンク

音花ゆりさんの経歴

では音花ゆりさんの経歴を見てみましょう。

1999年、『宝塚音楽学校』に第87期生として入学

2001年、『宝塚歌劇団』へ入団。

宙(そら)組の『ベルサイユのばら〜フェルゼンとマリー・アントワネット編』で初舞台。

同年、5月15日から星組に配属されました。

新人公演で娘役スターの役を複数回演じ、歌手として舞台に立つ事がおおかったようです。

2006年には『ネオ・ダンディズム』で初めてソロを務めます。

その後もソロで舞台に立ちます。

そして、2015年5月10日、『黒豹の如く』/『Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』の東京公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団されました。

 

宝塚歌劇団で14年間も活躍されていたんですね。

あの過酷な世界にこれだけ長く居続ける事が出来るなんて、精神面はもちろん、“宝塚歌劇”に対する想いが強かったのでしょうね。

音花ゆりさんの彼氏や結婚は?

とてもかわいらしく美人の音花ゆりさん。

彼氏やご結婚についてはどうなのでしょうか?

この事について調べてみましたが、情報はありませんでした。

 

もう音花ゆりさんも30代半ばになろうとしていますので、そろそろ彼氏の噂というよりも、ご結婚の話しが出て来てもおかしくないように思われますね。

近いうちにご結婚の話しが出るかもしれませんね。