オーディションに明け暮れた日々

アメリカに移ると、俳優している人達に

アドバイスをうけながら、出来る限りの

オーディションを受けます。

 

その数、実に100回以上。

小さいながらも色々な仕事をこなしいきます。

 

そんな頃、大きなオーディションの話しが!!

 

運命を変えたオーディション

アメリカの人気ドラマ『HEROES』の

オーディションを受けるチャンスが訪れます。

 

オーディションの進み方は

2・3人のキャスティングの中で演技を行い、

受かれば後日にオーディション。

 

毎回、オーディションでの審査を行う

キャスティングは変わります。

それが3・4回続くそうです。

 

そして今回もいつものようにオーディションが

進んで行くものと考えていた祐真キキさん。

ですが、少し違っていました。

 

いつものように3人のキャスティングの前で

演技が終了すると、別室に呼ばれたのだそう。

 

その時は何故か『HEROUS』のプロデューサーと

新しい人が合わせて5人。

そしていつものようにキャスティングが3人の

合計8人が。

 

その前で、いろいろと指示されながら演技を。

そして、いろいろ質問されたそう。

その日のオーディションは2時間近くも

かかったのだそうです。

スポンサードリンク

それから数日が経ち、連絡はありませんでした。

オーディションは失敗に終わったのか・・・

 

しかし、4日後にオーディション合格の連絡が!

その時、祐真キキさんは飛び回って泣いて

喜んだそうです。

 

 

このオーディションを受ける

きっかけとなったのが、子供の頃になりたかった

『忍者』が関わっています。

 

祐真キキさんはニューヨークに渡り、

ロサンゼルスで“殺陣クラス”(ジャパニーズソード

ファイティング)に週1回通っていました。

 

そんな時、そこの生徒のお母様の友人が

キャスティングディレクターをされておられ

その方生徒のお母様がその方に

刀を振り回す日本人の女の子がいると

話したそう。

 

それがきっかけで

『HEROUS』のオーディションの話しが

舞い込んだと言う事でした。

 

●『HEROES  REBORN』(ヒーローズ・リボーン)の

役柄は?

 

HEROES REBORN -- "Under the Mask" Episode 103 -- Pictured: Kiki Sukezane as Miko Otomo -- (Photo by: Ian Watson/NBC)

出典:http://getnews.jp

東京に暮らしている物静かなミコという

若い女性の役。

 

ゲームの世界と現実の世界を行き来できる

能力があり、失踪した父親を探して

“刀ガール”というゲームのキャラクーで活躍。

 

ここから“刀ガール”というニックネームが

就いたという事です。

 

この役柄を演じていた時は

全身が筋肉通で大変だったそうです。

 

祐真キキさんの近況

現在彼女はニューヨークに移り住んでいます。

そんな中、日本で仕事をする事もあり、

最近では2016年2月18日から3月7日まで

つかこうへい七回忌特別公演

『引退屋リリー』でリリー役を演じています。

 

今回の【アナザースカイ】出演に合わせてなのかは

定かではありませんが、祐真キキさんのブログを

覗いてみると、この放送の当日、

2016年6月3日のブログには“実家の前”

というタイトルで長閑な田園風景の写真が1枚

アップされていました。

 

もしかすると、家族で仲良く

【アナザースカイ】のオンエアを観るのかも

知れませんね☆

キキさんキック

出典:http://www.zakzak.co.jp

これからの活躍に期待したいと思います!!