今回の【関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No,1決定戦 第3弾】に

ピアニストであり、ミュージシャン、音楽プロデューサーである

榊原大さんが出場されます。

%e6%a6%8a%e5%8e%9f%ef%bc%93

今回の出場はこの番組の“グランドマイスター”である葉加瀬太郎さんの

“刺客”として出場されます。

そんな榊原大さん、どんな方なのか調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

榊原大さんのプロフィール

%e6%a6%8a%e5%8e%9f%ef%bc%91

出典:http://liveschedule.seesaa.net

榊原大さんは1967年7月16日に千葉県千葉市に生まれます。

ピアノを始めたのは4歳の頃。

最終学歴は東京藝術大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻。

職業はピアニスト、ミュージシャン、音楽プロデューサーであり、

ジャンルはクラシック、ポップス、ニューエイジ、フュージョンと幅広い。

 

1989年12月にはインストゥルメンタルのグループ『G-CLEF』で

NHK『紅白歌合戦』に初出場します。

このインストゥルメンタルのグループがNHK『紅白歌合戦』に出場

する事自体も初めての事だったそうです。

 

ですが、1995年にグループは解散。

その後は、サポートミュージシャンや映像音楽に携わります。

 

今回の番組にグランドマイスターとして出演の葉加瀬太郎さんとは、

大学の同輩。

葉加瀬太郎さんのライブにも出演していらっしゃいます。

 

ピアノを始めたきっかけ

ピアノを始めたのは4歳の頃という榊原大さん。

ですが、正確に言うと5歳の頃。

榊原大さんは近所にあった、というだけで“武蔵野音楽附幼稚園”に通う事になり

ます。

そこに通っている友達は、ピアノやヴァイオリンを習っていて、それを見ていた

榊原大さんも「音楽をやりたい」と思い、ご両親その事を言います。

 

ですが、ご両親は音楽に興味のあるほうでは無く、ましてや、幼い子供が言う事

なので、聞き入れてもらなかったそう。

 

そんな中、どこかから“足踏式”のオルガンをもらいます。

それを1年近く引き続けていたら、5歳の時にピアノを買ってくれたのだそう。

ご両親は榊原大さんの音楽への気持ちに根負けしたのでしょうね。

 

その後、榊原大さんはクラシックピアノを続け、中学1、2年生の頃には

「芸大附属高校へ進学する!」という決心をします。

 

芸大に進むきっかけは坂本龍一さんの存在

クラシックピアノを続けて来た榊原大さんですが、“東京藝術大学”へ進もう

と思ったきっかけは、クラシックピアノのピアニストに憧れてとかでは無く、

当時、人気絶頂だったバンド「YMO」のメンバーだった坂本龍一さんの事から

“芸大”というものの存在を知ったのだそうです。

 

その後、“東京藝術大学”に進学すると、クラシックピアノだけではなく、

いろいろなジャンルの音楽にも目を向けます。

 

そして、後に“紅白歌合戦”出場したバンド『G-CLEF』の母体となったメンバーで

バンドを組み、音楽活動を開始します。

 

そしてSONYの『ニュー・アーティスト・オーディション』に受かり、CDデビュー

も果たしました。

今回、番組ではどんな決戦をするの?

榊原大さんの演奏ってどんな感じなの?

続きは次のページへ!!