今回の【カンブリア宮殿】は“ジャパネットたかた”の元社長

髙田明さんが出演

衝撃の退任から早、半年近くが経ちます。

1990年に長崎放送でのラジオショッピングからスタート。

当時の髙田明さんがナビゲーターを務めました。

何と、僅か数分で100万円以上を売り上げたという

記録があります。

これに手応えを覚えて、家電商品の通信販売事業を展開、

現在のような“ジャパネットたかた”に成長しました。

現在の社長はご長男の旭人さんが継がれています。

今回は改めて髙田明さんの事などを調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

“ジャパネットタたかた”元社長髙田明の現在は?

2016年1月の創立記念日に社長を退任された髙田明さん。

現在は会長職にも就かず、表舞台からは身を退いて、

“ジャパネットたかた”を陰ながら見守っている

前社長の髙田明さん。

そんな髙田明さんが、今年再びテレビショッピングに出演されました!

もしやこれは、“復帰”という事なのでしょうか!?

 

退任後の約100日振りにテレビ復帰?

今年2016年4月1日、約100日振りにテレビショッピングに

復帰した髙田明さん。

このまま復帰なのか・・・

いえ、そうではなく、この日一日限定で復帰されたのです。

その理由は“熊本震災”の復興支援の為でした。

高田さん1

出典:https://mobile.twitter.com/

“ジャパネットたかた”の本社は長崎県佐世保市にあります。

熊本県も同じ九州という事で何か力になれる事はないか、

そう考え、実は、“ジャパネットたかた”の社員が髙田明さんに

「何とか今日だけ出てくれませか」と要請したのだそう。

 

もちろん髙田明さんは快諾します。

そして、その日一日の売り上げを全額、被災地へ寄付することに

なったのです。

 

その時の商品は“防災グッズ5点”。

“東日本大震災”時にも同じような企画を行い、売り上げの

7000万円と5億円の寄付をしていたのだそうです。

 

そもそも社長を退任したのはどうして?

創業以来、順調に業績を伸ばしていた“ジャパネットたかた”ですが、

2011年頃、売り上げが急激に低下してしまいます。

2012年には約600億円も落ち込んでしまったのだそう。

その理由として、地デジ化の終了がありました。

 

では改めて

髙田明さんのプロフィールや

新社長:ご長男の旭人(あきと)さんのプロフィーを!

続きは次のページへ!!