今回の【有吉反省会】にキックボクサーの武尊(たける)さんが

出演します。

反省の理由はチャンピオンベルトを肌身離さず

持って、自慢をしている事。

武尊さん曰く「スーパースターになりたい、

キムタク超えてジャスティン・ビーバー」と。

これに有吉弘行さんは「街でキャーキャー言われたいって

いうそのそのメンタリティ、ピースの綾部と一緒だからね」

と、ツッコミを入れられるとか。

さて、オンエアではどうなるのでしょうか?

そんなキックボクサーの武尊さんを調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

武尊さんのプロフィール

たける1

出典:https://www.tokyoheadline.com

本名 世川 武尊

生年月日 1991年7月29

出身地 鳥取県米子市(現在は東京都在住)

身長 168cm

体重 58kg(クラスは55kg)

血液型 AB型

階級 バンタム級

所属 チームドラゴン

スタイル 空手・キックボクシング

プロ一戦績 26戦25勝(15KO)1敗

趣味 ギター

長所 やると決めたらやる

座右の銘 人生一回

好きな言葉 ピンチはチャンス

好きな食べ物 肉・カレー・寿司・チーズ

好きなスポーツ 格闘技・野球・バスケ

好きなアーティスト ONEOKROCK HIATUS   Mr.Children

好きな曲  Mr.Children「終わりなき旅」

好きなテレビ番組 ガキ使

好きなブランド DIESEL

好きな場所 海

好きな動物 犬・猫・カモ

好きな休日の過ごし方 寝る

好きな色 黄色・金

好きなタイプ 明るい人

嫌いなタイプ タバコを吸う人

 

 

通称、ナチュラル・ボーン・クラッシャー。

「気分がハイになったら殴るのも殴られるのも好きで

自然と笑顔になる」と語っています。

そんな訳で、ファイトスタイルは、アグレッシブに攻め続ける

攻撃的なスタイル。

タイトル歴は初代“K-1  WORLD  GP -55kg”王者、

初代“Krush-58kg”王者。

そんな反面、「鳥取県米子市首都圏観光大使」と「とっとり

ふるさと大使」を努めています。

また、意外な事に、子供の頃になりたかったのは

“ケーキ屋さん”だったそうです。

一つだけ願いが叶うとしたら、「あと5cm身長が欲しい」そう。

何とも可愛らしい一面がある武尊さんですね☆

 

格闘技を始めたきっかけ

武尊さんが子供の頃は『K−1』が大ブーム。

その試合に出ていたアンディ・フグ選手に憧れて小学2年生から

空手を始めます。

中学卒業までは空手一筋。

高校に入ると、ボクシングに転向。

 

 

転向した理由が“顔面攻撃ができるから”でした。

実践的な格闘技がやりたかった武尊さんは、入部約3ヶ月程で

高校を退学し、本格的に『K-1』を目指す為に、キックボクシング

を始めました。

 

 

そして『K-1』の登竜門である『K=1甲子園』を目指しますが、

ここで意外な事が発覚。

この『K-1甲子園』の出場資格は高校生だったのです。

もちろん高校を中退した武尊さんには参加の資格すらなかったのです。

そこで、通信制の高校に通い、『K-1甲子園』出場を目指します。

 

ある時、武尊さんはふと思います。

プロを目指す為にこのジムに入ったけれど、自分と同じように

プロを目指す為に来ている人ばかりではない、このままここに

居てはダメなんじゃないか?と。

 

単身、キックボクシングの本場、タイへ

武尊さんはバイトでお金を貯め、バイクを売って、キック

ボクシングの本場のタイへ行く事を決意し、旅立ちました。

 

 

滞在期間は約1ヶ月。ジムに住み込み、とにかく技術を盗みます。

朝4時間、夜4時間のトレーニング。

現地の人達のトレーニングを体験する事で、武尊さんは自分の気持ちが

中途半端だった事を痛感します。

 

さまざまなアマチュア大会に出場しつつ、2009年には

念願の『K-1甲子園』に出場。

2010年、「チームドラゴン」入門。

この当時、お金がなく、特売で19円のもやしと100g40円

の鶏の胸肉ばかりを食べていたそうです。

こういうエピソードって他の方でもよく聴きますが、

筆者には到底真似できません・・・

武尊さんの恋人はいるの?

憧れの有名人は?

続きは次のページへ!!