今回の【情熱大陸】は、“天使の歌声”と称されている美しいソプラノ歌手、

田中彩子さんが出演されます。

“天使の歌声”を持つ彼女がオペラ歌手を目指す事となったのか、

そしてその素晴らしい歌声について

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

田中彩子さんのプロフィール

田中彩子さん

出典:http://ebravo.jp

生年月日 1984年2月23日

出身地 京都府

 

ソプラノ歌手であり、オペラ歌手。

2016年現在、32歳。

10代から単身ウィーンで声楽を学びます。

22歳の時、スイスの“ベルン市立劇場”でソリストデビューを果たします。

この事は日本人初であり、同劇場史上最年少のデビューだそう。

現在もウィーンに居住されています。

 

田中彩子さんは“普通の家庭”育ち

こんなに素晴らしい才能を持った田中彩子さん。だとすると、真っ先に家系に音

楽系の凄い方やご両親が音楽をされているのでは?と考えがちですが、田中彩子

さんのご家族は“ごく普通の人”でした。

 

唯一お父様が“カンツォーネ”がお好きだったと言う事以外で、音楽に繋がりそう

な事はありませんでした。

 

ピアニストになりたいと希望していた田中彩子さんはもちろんピアノで音大に進

むつもりで続けていたのですが進路を決めなければならないという時にピアニス

トになる為には致命的の事が・・・

 

“手が小さくて、オクターブが届かない”

 

この事はピアニストという道に進むには本当に致命的な事でした。

そのような事から、歌の先生を紹介されたそうです。

 

ですが、歌の先生を紹介された事にもいみがありました。

それは“ハイ・コロラトゥーラ”という驚異的な高い音質の声を発する事が出来た

からです。

 

●“ハイ・コロラトゥーラ”とは?

細かい音符の連続や装飾の多い華麗な高音域の旋律を技巧を凝らして歌う事。

ソプラノ

出典:http://j-two.co.jp

“私が教えるからウィーンに来なさい”

どこまで声の音域があるのか声を出してみると4オクターブも声が出ました。

このような事は『100年に1人』といわれる程本当に稀な事でした。

 

ある音楽研修の時にその歌声を聞いた著名な元宮廷歌手からラブコールが。

 

「ものすごく才能がある。私が教えるからウィーンに来なさい」

 

そんなラブコールを送ったのはヨーロッパでオペラ歌手を大勢輩出した著名な元

宮廷歌手のミルカーナ・ニコロヴァさんでした。

 

そのような経緯から声楽家の道を進むべく、高校卒業後、単身ヨーロッパに留学

します。

初めの頃は全くドイツ語がわからなかったのですが、ミルカーナ・ニコロヴァさ

んは身振り手振りで教えて下さったそうです。

 

苦しかった4年間

留学して約4年間、18歳から22歳の頃がもっとも辛い時期だったそうです。

そんな時期に日本の友達から「合コンに行く」という話を聞いた時、「合コンっ

てどんなだろう」と、日本の友達の生活が気になったりしていたそう。

 

日々、音楽中心の生活。

部屋には、ピアノだけ。

練習の音楽以外は何も耳に入れたくなかったと言います。

 

声楽家として真剣に取り組み、雑念を払拭したいという気持ちがそういったスト

イックな環境へ彼女を導いたのでしょう。ですが、少なからず、日本の友達のよ

うに楽しい事に時間を費やしたかったのでしょうけれど、その想いを紛らわす為

という意味もあったのかも知れませんね。

 

田中彩子さんのこうしたストイックに声楽に打ち込む努力が、実を結びます。

 

日本人史上最年少、22歳でソリストデビュー

約4年という辛い時期を乗り越え、素晴らしい結果が!!

 

スイスの名門ベルリン州立歌劇場で上演された「フィガロの結婚」で日本人史上

最年少、22歳という若さでソリストとしてデビューを果たします。

この歌声にヨーロッパ各地で、観衆の心を鷲掴みにしました。

 

その後、

国立オペラブルガスでヴェルディのオペラ「リゴレット」でギルダ役を、そして

オーストリア政府の支援を受けて「夜の女王」、2012年にモーツアルトの「

魔笛」に出演。

2013年、2014年、ベネズエラのオーケストラ「シモンボリバル」のコン

サートに出演。

2014年、2015年、ウィーン・コンツェルトハウスの大ホールで「カルミ

ナ・ブラーナ」のソプラノ歌手としてデビューしました。

 

その他にも、国内外のオーケストラでコンサート歌手として活躍されています。

得意とする楽曲はモーツァルト

田中彩子さんはとりわけモーツァルトがお好きだそうです。

そして、モーツァルトが生涯愛した女性は“ハイ・コロラトゥーラ”の声質で、

丁度、田中彩子さんと同じだったそうです。

 

結局モーツァルトとその女性は結ばれる事は無かったそうですが、彼女の為に

多くの曲を書き残したそうです。

 

まさに現代にモーツァルトが生涯愛した女性の再来だと言えるかもしれません。

 

そんなモーツァルトが生涯愛した女性と同じ声質をもつ田中彩子さん。

その声の意外な秘密とは?

続きは次のページへ!!