日本最大のヤギの団体に「全国山羊ネットワーク」なるものが

存在していて、塚原正也さんはそこの会報「ヤギの友」に

連載をされているそうです。

何だか良く判りませんが

なので、調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

塚原正也さんはどんな人物でどんな生活をしているのか?

兵庫県西宮市出身。

北海道でパーマカルチャー、オーガニック、自給自足を実践し、

その事を都会でも活かせるか、

独自の農法で風味の強い野菜と香草を生産、販売をしている。

地下足袋愛好家でもあるそうです。

“パーマカルチャー”とは「パーマネント(永続的な)」+「アグリカルチャー(農業)」+

「カルチャー(文化)」を合成した造語。

簡単に言うと「農業を軸とした生活を持続可能な生活」という事出そう。

基本は自分達が食べる物は、自分達で作るという生活。

その事もあってか、塚原正也さんが山羊と暮らすきっかけとなったのは、

農業と自給自足の生活に目覚めた時に、

自然に優しく畑を良くする事に山羊が役立つ事を知ったからだそう。

ちなみにパートナーの“飼い山羊”さんは「生駒(いこま)」という

お名前だそうですよ(笑)

塚原正也さんの本業とは?続きは次のページへ