今回の【カンブリア宮殿】は、

CUU上島珈琲社長の上島昌佐郎さんが出演されます。

常に業界トップを走り続ける“UCC上島珈琲”。

上島昌佐郎さんの事はもちろん、トップを走り続ける極意等

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

上島昌佐郎さんのプロフィール

上島社長

http://bizmakoto.jp/出典

生年月日 1970年10月17日

出身地 兵庫県

1993年、甲南大学経済学部卒業

1996年4月、UCC上島珈琲入社

1998年、フーズサプライインターナショナル出向

2003年、生産購買本部長

2004年、取締役生産購買本部長兼マーケティング本部長

2006年、取締役専務執行役役員

2010年、代表取締役副社長

2013年、代表取締役社長

 

学生時代にはラグビーに打ち込んで、現在週末にはジムに通っているそうです。

そう言われれば、上島昌佐郎さんが出身の甲南大学といえば、ラグビーの名門校

でもありますね。

それにこの体形は正しく“ラグビーをしていましたよ!”という感じですね。

 

UCC上島珈琲株式会社の誕生と“同族経営”

ucc本社

出典:http://gigazine.net

●上島珈琲グループ創業者 上島治忠さん

上島珈琲グループの創始者は上島治忠さん。

1925年、神戸市兵庫区下沢通りに「上島珈琲」を創業。

兄弟で珈琲や食品の事業を始めます。

●UCC上島珈琲 初代社長 上島忠雄さん

旧奈良商業を卒業後、叔父が経営していた食料品店で住み込みで働きます。

1933年、上島治忠さんの五男で上島忠雄さんは23歳の時に「上島忠雄商店」

を創業。

ジャムやバターを扱う個人商店を始めます。

一見、珈琲を専門に販売されている訳ではないので、「UCC上島珈琲」とは

直接関係の無さそうな上島忠雄さん。

実は、「UCC上島珈琲」の創業者。

きっかけは、喫茶店で出会った挽きたて淹れたての珈琲。

自ら珈琲豆の焙煎卸業を始めます。

1951年、資本金100万円で「上島珈琲株式会社」を設立。

東京支店も開きます。

1969年、世界発の缶コーヒーを開発、販売します。

1981年にはジャマイカに直営農園を開設しました。

 

●二代目社長 上島達司さん

1980年4月から二代目の社長に就任したのは上島達司さん。

上島達司さんは、上島忠雄さんの長男です。

1938年5月13日生まれ。甲南大学経済学部卒業。

2011年4月から代表取締役会長に就いておられます。

 

●三代目社長 上島豪太さん

2009年〜2013年、三代目社長を務められたのは上島豪太さん。

会長の上島達司さんの長男。

そして

 

●四代目社長 上島昌佐郎さん

2013年10月より社長に就任。三代目社長上島達司さんの次男で

いらっしゃいます。

 

創業時は「上島珈琲」で「UCC上島珈琲」の社長とはまた別人だったんですね。

後、ふと思ったのですが、三代目の上島豪太さんから上島昌佐郎さんへ社長が代

わったのでしょうか?

ご長男であれば、そのまま続けて良いと思うのですが・・・

丁度2013年に三代目社長であった上島豪太さんはご結婚されています。

この事と何か関係があるのでしょうか?

 

その他、グループ会社も同族の方が社長になられているようですね。

●上島勝さん(忠治さんの五男)

「上島珈琲貿易」初代社長

●上島健男さん(勝さんの長男)

「上島珈琲貿易」二代目社長

●上島淳史さん(健男さんの長男)

「上島珈琲貿易」三代目社長

●上島靖男さん(忠雄さんの次男)

株式会社ウエシマ設立

●上島一泰さん(靖男さんの長男)

ウエシマコーヒーフーズ(旧:株式会社ウエシマ)二代目社長

 

なお、「上島珈琲貿易」も「ウエシマコーヒーフーズ」も子会社ではないそうです。

また「ウエシマホールディングス」の子会社は「UCC珈琲」・「ウエシマフードサー

ビス」があるようです。

「上島」と付く会社が多い上に、ほぼ同族でそれぞれを経営されているので

頭が混乱してきますね(苦)

 

ここで素朴な疑問

どうして

●「UCC」というのでしょうか?

みなさんはこの事、気になりませんでしたか?

というか、既にご存知の方が多いのかも知れませんね。

私のように知らない方に・・・

「Uesima coffee Co.,Ltd.」の略でした・・・そのままですね。

 

“UCC上島珈琲”がトップであり続ける事が出来る理由は?

今後の戦略や業界の未来は?

続きは次のページへ!!