“梅原大吾(プロゲーマー)現在の年収や

賞金 WIKIは?ギネス認定も凄い!”

 

梅原大吾さんは日本で始めてのプロゲーマー

その上、そのゲームの世界でギネス記録に

認定されたという凄い人。

 

今回『プロフェッショナル仕事の流儀』に出

演します。

 

プロゲーマーという位ですから、ゲームで

生計を立てているということですよね?

収入はどれほどなのか気になりますよね?

 

スポンサードリンク

みなさんこんにちは☆

yo-u-inkoです。

では早速、梅原大吾さんに迫ります!

 

梅原大吾は現在年収いくら?賞金は?

梅原大吾さんは、日本人初のプロゲーマー。

そんな梅原大吾さんの年収が気になります。

出典:http://weekly.ascii.jp/

“世界のトップゲーマー”と呼ばれる人達は年

収を軽く1億円超えるといいます。

 

ということは、梅原大吾さんもそれ位の年収

を稼いでいるのか?

と思いましたが、本人曰く、この人達よりも

年収は低いそう。

噂によると年収2,000万円位ということ

です。

 

ゲームの世界だけで、これだけ稼いでしまう

なんて凄いの一言です。

 

では、ゲームに勝利すると、賞金はいくら貰

えるのでしょうか?

 

欧米では賞金総額1000万ドル(約12億円)、

優勝賞金500万ドル(約6億円)という大会が

あるそうです。

 

ただし、100%優勝しても賞金を貰えるの

ではなく、7〜8割程度ということです。

 

それでも、もしもそのような大会で優勝した

場合の賞金は凄過ぎますね。

 

梅原大吾のWIKI、プロフィール

梅原大吾さんのWIKI、プロフィールをご紹介。

出典:http://anincline.com

梅原大吾さんは1981年5月19日生まれ。

出身地は青森県です。

 

梅原大吾さんの両親は医療関連の仕事に就い

ています。

その影響で梅原大吾さんは一時期、介護施設

で働いていたことがあります。

あと、梅原大吾さんには7歳上の姉がいます

 

この姉はゲームが好きだったようで、梅原大

吾さんがゲームを始めたのは、姉の影響です。

 

日本での愛称は“ウメハラ”、“ウメ”、“ウメさん”。

アメリカでは“Daigo”、“The Beast”。

 

梅原大吾さんは“2D対戦型格闘ゲーム”で数々

の大会を制し、国際的に有名な“格闘ゲームプ

レイヤー”になります。

スポンサードリンク

梅原大吾がプロゲーマーになったきっかけは、麻雀と介護施設勤務だった

梅原大吾さんは23歳にして格闘ゲームで世

界チャンピオンに。

 

その後、ライバルがいなくなり、ゲームに面

白さを感じなくなります。

 

そんな時に出会ったのが“麻雀”。

プロを目差すのですが、自分が勝負に勝つ事

によって、人間関係が悪くなりました。

 

このような状況が嫌になり、勝ち負けのない

介護施設で働く事に。

 

そこで働く事で、人から感謝される喜びを知

ります。

それと同時に、人の生き死にを体験する事で、

一度きりの人生、今しか出来ないこと、自分

にしか出来ない事を優先したいと思い、再び

ゲームの世界に戻ることとなります。

 

2010年4月にアメリカのゲーム周辺機器

メーカー『MAD CATZ』とプロ契約をします。

 

同年8月には

“世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲー

マー”

として、ギネスに認定されました。

 

ゲームに勝ち続けるということも凄いと思い

ますが、それがギネス記録になるなんて凄い

事ですね。

 

梅原大吾の彼女について

梅原大吾さんには彼女がいるのでしょう

か?

 

過去にはいましたが、現在はいないそう

です。

 

当時付き合っていた彼女とは同棲までしてた

そうですが、ある日、突然いなくなったそう

です。

この事については、梅原大吾さん自身が語っ

ていました。

何だか切ないですよね。

 

最後に

梅原大吾さんのプロゲーマーの世界って凄い

ですね。

 

以前からゲームで稼いでいる人達がいること

は知っていましたが、欧米の賞金総額や優勝

賞金が凄すぎでびっくり。

 

宝くじの1等賞金でもかなり驚らかされてい

ましたが、ゲームの世界も賞金は負けていま

せんでしたね。

 

あまりプロゲーマーについて取り上げられる

ことがないので、梅原大吾さんの活躍がわか

りませんでしたが、日本で唯一のプロゲーマ

ーということで、これからも活躍に期待した

いと思います。

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。