今回の【有吉反省会】は、強面でおなじみ

やべようすけさんが登場です。

強面なコワイキャラクターと言えば“やべようすけ”さん、という

イメージが強いのではないでしょうか?

そんな“やべきょうすけ“”さんの“素”の姿

どのような方なのか調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

やべきょうすけさんのプロフィールや経歴

矢部さんタバコ

出典:http://darkplot.blogspot.jp/

本名 矢部 享祏

生年月日 1973年11月12日

出身地 大阪府

身長 163cm

血液型  A型

趣味 ダーツ、プロレス観戦、格闘技観戦、ビリーヤード、競馬、

麻雀、野球、ボウリング

特技 ボクシング、キックボクシング

 

やべきょうすけさんは、大阪に生まれますが、千葉県で育ちます。

2007年に映画『クローズZERO』でチンピラの片桐拳を演じ、

“第17回に本映画批評家大賞助演男優賞”を受賞されます。

この原作者の高橋ヒロシさんと懇意であった事から、この作品の

製作に関わっておられます。

同作者の漫画『クローズ外伝 片桐拳物語』では原案に携わり、

2011年、ドラマ「QP」の4話では演出(監督)デビューされています。

俳優だけでなく、原案やドラマの演出等も手掛けていてなかなか凄いですね。

やべきょううけさんは特技のキックボクシングで

プロ一戦績、全戦全勝、オールKOを誇っておられます。

そんな成績を収められていて、強面役の多いやべきょうすけさんですが

実は幼稚園、小学生の頃はいじめられっ子だったそうです。

そんな流れからか、ご本人はそんな意識はなかったそうですが

周りから見ると“不良”と呼ばれる人達と付き合うようになります。

学校では保健室の「オキシドール」で髪を脱色していたとか・・・

そんな周りから見ると“不良”だったやべきょうすけさん。

ですが、弱者には“頼れる存在”だったようです。

正義感が強く、同じ学校の仲間が他の学校の生徒から

“カツアゲ”されたと聞くと、野球部から金属バットを借りて、

当時の番長と2人で殴り込みに行ったりしたとか・・・

もしかすると、いじめられていた頃の自分とオーバーラップしたのかも

知れませんね。

仲間を守る事は素晴らしいとは思いますが、金属バットを持って殴り込みは

いかがなものなのでしょうかね・・・

そんな“やんちゃ”なやべきょうすけさん。

芸能界に入ったきっかけや経歴

やべきょうすけさんは、高校進学しますが、単位が取れず、

中退してしまいます。

そんな当時、テレビを見ていて、

「(芸能人はクイズに答えるだけで)ギャラや賞金も貰えるなんて

なんて素敵な商売なんだ!!」と思ったそう。

そして芸能事務所の面接に。

その事務所が芸能界の大御所、故・丹波哲郎さんの事務所「丹波道場」でした。

その面接で、どうして芸能人になりたいのかという理由で

先の内容を正直に話したと言います。

普通でしたら、面接で金銭に関する事を言うのはタブーですが、

その正直さを気に入った丹波哲郎さんは道場入りを許可します。

その道場で役者の修行に励み、名傍役を演じ、Vシネマでは

主役を演じた作品もあるようです。

そんな強面な役柄を演じるやべきょうすけさん。

“刺青”は本物なの?

とても立派な“刺青”が気になるやべきょうすけさん。

矢部さん刺青

出典:http://gree.jp/

どうやら毎回描いてもらっているそうです。

今の世の中、本物の“刺青”を入れていたら芸能活動は

難しいでしょうね(苦笑)

ところで

彼女はいる?結婚は?そして【有吉反省会】の反省って?

続きは次のページへ!!