今回の【世界の何だコレ!?ミステリー】では

日本で起こった恐ろしい“奇病”について追跡。

 

現在はその“奇病”は無くなっているようですが、

その内容がとても恐ろしいものとなっています。

こういった“奇病”の話題は海外が多いと思うのですが

まさかこの日本でもこのような恐ろしい“奇病”が発生

していたとは・・・

 

今回はそんな恐ろしい“奇病”について調べてみました。

スポンサードリンク

山梨の奇病/地方病が発生した状況は?

その“奇病/地方病”は山梨県甲府盆地周辺で起きます。

不思議な事に高地に住む人々には発症せず、盆地に住む人々にだけ

発症したのです。

また、問題の周辺に住む人々の

感染率が55%、死亡率は100%と

いうもので、大人はもちろん子供も突然

発症するという恐ろしい病気。

はっきりとした原因が分からず、死者は

増える一方でした。

山梨の奇病/地方病とはどのようなものだったのか?

この“奇病/地方病”にかかると、どのようになったのでしょうか?

●農作業や水浴びにより、皮膚がかぶれたように赤くなる。

●高熱、下痢が続く。中には回復する者もいる。

●高熱後、腹部が異常に膨れる。

わかっている症状はこのような事でした。

この事からこの地域に住む人々は

「水の中に入って皮膚がかぶれれば、助からない」

言われていたそうです。

 

山梨の奇病/地方病撲滅に向け調査が始まる

一向に治まらないこの“奇病/地方病”。

1881年、村の役人であった田中武平太さんは山梨県令へ

「ある特定の地域にのみ、延々と病による死亡者が出続けている。

何が悪いのか、水か、土か、体かわからない。

この苦しみにはもう絶えられない・・・」

と、この“奇病/地方病”撲滅の為、力を貸してほしいと嘆願書を出します。

そして山梨県から医師が派遣される事となりました。

 

徐々に明らかになる“山梨の奇病/地方病”

原因は一体何だったのか?

続きは次のページへ!!