今回の【クレイジー・ジャーニー】では

リヤカーをひきながら41年間歩きたおし世界一周を

達成したという方が出演されます。

そんな人がもう一人。その人は吉田正仁さん。

既にメディアで話題になった事のある吉田昌仁さんですが、

どのような方なのか、そしてどのような旅だったのか

調べてみましたよ♪

スポンサードリンク

吉田正人さんのプロフィールや経歴

吉田さん歩き

出典:http://www.gogomelbourne.com.au

生年月日 1981年

出身地 鳥取県

 

やはり、リアカーをひいて世界一周を達成された方だと言っても、

そこは一般の人。

ほとんど経歴はわかりませんでした。

吉田正仁さんは2009年の元旦から徒歩で4年半かけて

リアカーで世界一周分、4万kmを歩きました。

巡った国は33カ国。

2013年にはその偉業とチャレンジ精神を称え、出身地の鳥取県から

「県栄光のチャレンジャー賞」を受賞されています。

ちなみに上のお写真は少し前2011年のものです。

世界一周当時は32歳という若さで達成されていますが、旅を始めたのは頃は

28歳という事で更に若く、この行動力と世界一周達成には本当に驚きです。

旅をしようとしたきっかけは?

将来、どうするべきかと、当時ニートだった吉田正仁さんは悩みます。

そんな時

“ダメな自分と決別しよう”と思い、海外に暮らす人々はどのように暮らしているのか

自分の目で確かめる為に、旅を決意します。

その考えに至る原点が他にもあって大学生時代の“世界の旅”だったといいます。

その旅ではバックパッカーをしていた吉田正仁さん。

「もっとゆっくり歩いて世界を見てみたい」と思ったそう。

その事を思い出したのでしょう。

そして旅の資金を確保、その資金400万円を持って

今回の旅に出る事となりました。

どうして“リアカー”で旅を?続きは次のページへ