アフリカの現状と誤った認識、戸惑いの日々

未だにイメージとなっている

“アフリカ=飢餓”という認識

 

特にエチオピアと言うと某番組の影響もあり

“飢餓”という認識が強い。

 

ですが、実際に足を運んでいるヨシダナギさ

んはそのような現状は意外と少ないと言いま

す。

 

そんなイメージを付けられている事が嫌だ

というヨシダナギさん。

 

貧困な部分ばかりを世の中に発信する人達が

いる中で、ヨシダナギさんはあえて良い部分

を世の中に発信していこうと考え、アフリカ

の人達というのは前向きであり、アフリカは

面白いという事を伝えていくという理由から

も写真家活動を行っているそうです。

 

そのように間違った認識を正そうと、彼ら彼

女らの生活に入り込んでいくと、今までの常

識は通用しない事が数々出て来ます。

 

普通、金銭が欲しければ、それなりの労働や、

金銭に替える為に何かを作ったりして、売買

して金銭を手にしようとする事が“普通”であ

り“常識”と考えます。

 

しかし、彼ら彼女らにはその考えが通用しな

のです。

 

“どうしてそんなに時間をかけて物を作らなけ

ればならないのか”と、金銭を得る為の

物作りを拒否し、女性ならば“体を売ったほう

がいい”と金銭を得る為に“安易な方法”をとろ

うとするのだそう。

 

大半の人達が面倒な事はしたくないのだそう。

 

ヨシダナギさんは初めの頃、そんな人達が嫌い

だったそうですが、このような事もこも民族の

“ありのままの姿”と受け入れるようになります。

出典:http://cdn.liginc.co.jp

ウガンダにボランティアとして滞在した時は、

子供達の行動に戸惑います。

 

本は読むものなのに、読まずに噛んだり、破っ

たりする子供達。

 

折り紙で鶴を織ると破り捨てられたり、“普通”な

ら、「きれい!」というような声が聞けると思っ

ていたのに、そうではない現実。

 

このような状況から教育が十分に行われていない

事を知る事となります。

 

また、その日に元気だった子供が翌日に亡くなる

ということが頻繁におこっていたそう。

その子の母親はもちろん、嘆き悲しみます。

なのに、

翌日には何事も無かったように、笑い、普通

に過ごしている。

 

こういう現状も信じられなかったと言います。

人の命をとても軽んじているように見えた

う。

 

ですがヨシダナギさんはそのような状況にな

るのは教育が十分に行われていないからでは

ないかと考えるようになります。

 

教育の大切さを改めて痛感されます。

このようにアフリカの事を常々考えているヨ

シダナギさん。

スポンサードリンク

長老に求婚された!?結婚は?

ある時のヨシダナギさんと丸山ゴンザレスさ

んの対談

アフリカの少数民族の長老から求婚された事

があると話したヨシダナギさん。

 

求婚には牛をもらうという風習があるのだそ

うですが、求婚を断るという理由もあったと

思うのですが日本までの空輸代が高いからと

いう理由で牛はもらわなかったそう。

代わりにニワトリをもらって裁いて食べたとか。

出典:http://wotopi.jp

そんな話しの流れからヨシダナギさんは丸山

ゴンザレスさんとの対話の中で丸山ゴンザレ

スさんから30歳になられるとの事で、ある

種の折り返し地点。

 

ヨシダナギさんはこれからの自分をどう考え

ていらっしゃるのかという質問が。

 

「30歳は通過点だと。折り返し地点とは思っ

ていない。」

「(結婚については)してみたいけどあまり気に

してない。」

と語っておられました。

 

●丸山ゴンザレスさんについて♪

丸山ゴンザレスさん

『クレイジー・ジャーニー』で人気!

丸山ゴンザレスさんの

命掛けルポが凄過ぎ!

今後の展望ヨシダナギさんの最終的な目標

ヨシダナギさんは最終的な目標を次のように

語っておられます。

「将来アフリカの人達が自力で生計を立てられ

る基盤を作りたい。」

 

また

「学校を建てるのではなく、教育インフラを

整えて大人も子供も一からきちんと教育が受

けられる機会を作りたい。」

 

壮大な計画だと思いますが

ヨシダナギさんなら持ち前の行動力や素敵な

笑顔できっと実現させる事が出来るのでは無

いでしょうか。

 

そんなヨシダナギさんを応援したいと思いま

す☆

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%bc%ef%bc%91

凄い人が続々登場!

『クレイジー・ジャーニー』 

出演者をご紹介☆