その気になるコトアナタもきっと気になります!?

 気になるコト調べてみましたよ♪




マツコの知らない世界 マツコ会議

アドレスホッパーの仕事や収入、意味は?宿泊や貴重品、必需品はどうしているのか気になる!【マツコ会議】

投稿日:

アドレスホッピングを『マツコ会議』で紹介。

みなさんはこの“アドレスホッパー”とはどういう意味かご存知でしょうか?

“固定の住居を持たずに転々とする生活をする人達”

を指します。

固定の住居を持たない、ということは、日々寝るところはどうしているのでしょう。

仕事は?お金はどうしてるの?

衣類や必需品は?

と、様々な疑問が出てきますよね。

今回はアドレスホッパーの生活についてなど調べてみました。

アドレスホッパーに迫る『マツコ会議』放送内容

アドレスホッパーに迫る『マツコ会議』の放送内容がこちら。

イベント会場に潜入すると、リュックを囲んで4人で話している男性陣が。その1人に話を聞くと、アドレスホッパーおすすめのリュックの紹介を3人にしていたんだそう。
マツコが「お兄さんはどこに住んでるの?」と聞くと「ゲストハウス」や「サウナ」など、
その日に合わせて宿を探しているという。「お金かからない?」とマツコが心配すると、「部屋を借りてる時と変わらないぐらい」なんだそう。普通に家に住んでいた時代もあったが、家に帰ることが「惰性」だと感じ始めたという彼に、マツコ「帰るのは惰性なの!?」と驚く。家に帰る惰性がなくなると、「今日はどこ行こう」や「週末どこに行こう」などアクティブになれるメリットがあると言う。

さらに、ホストの「ローランド」のようなキレイな金髪にサングラスのちょっと癖のありそうな男性にアドレスホッパーのメリットを聞くと、「1か月単位で定期的にクラス替えをしている感覚」だそうで、それを聞いたマツコは「特定の濃い関係で収まってしまうところを常に初めまして的な状態になることを自分で作っている」と解釈。
そんなアドレスホッパー達の生活ぶりに、「新しい仕事の価値観も含め、みなさん新しいことをやられているなってすごく思う」と感心する。

他にも、地方の食材の魅力を再発見することに着目している料理人アドレスホッパーや、週末限定婚活アドレスホッパーの女性など、
様々な理由で転々としているアドレスホッパー達を深掘り!

出典:マツコ会議公式サイト

このような生活を送る人たちがいるという話、実はつい最近某ニュース番組で見たところでした。

日々泊まる場所を探さなければいけないなんて、もしも、宿泊場所がなかったら・・・

と考えてしまって、アドレスホッパーなんて絶対にできないな、と思っていましたが、調べてみると、意外と宿泊できるところがあったり、日々、いろんなところで暮らせるというのはちょっと楽しいかもしれないと思ってしまった筆者。

みなさんはこのアドレスホッパーのような生活、どう思いますか?

市橋正太郎(アドレスホッパー)の経歴が凄い!

気になる目次を見る!1 市橋正太郎の経歴が激ヤバ!2 市橋正太郎がアドレスホッピングで住んだ国と都市の数が凄い!3 市橋正太郎がアドレスホッピングで持参しているものは?4 宿泊場所はどうするのか? 市 ...

続きを見る

アドレスホッパーの仕事は?

スポンサードリンク

アドレスホッパーの人達は、何かしら仕事をしているはずですよね。

そうでなければ収入を得られなですから、生活が成り立ちません。

中には稀に貯金を下ろして過ごしている人もいるようですが。

そうでない人はどうしているのか。

・単発のアルバイト

・ゲストハウスに住み込みで働く

・農家で手伝う

・リモートワーク

ets・・・

定住していないということは、長期に会社で働くということが難しいということで、どうしても単発のアルバイトや住み込みになるようです。

そんな中、最近では会社に出社しなくても自宅など、自分の好きな場所を選んで仕事ができるというリモートワークも普及。

PCで作業ができるような仕事の方がリモートワークで収入を得ているようです。

アドレスホッパーは宿泊をどうしてる?

スポンサードリンク

アドレスホッパーをしてみようと考えた時、お金を得るために仕事をどうしようと考えるでしょう。

それから、やはり日々の宿泊をどうするか。

野宿なんて絶対に避けたいですよね。

特に天候の悪い日に野宿とか絶対に嫌ですよね。

宿泊するところがなかったらどうする?

と、心配になるところですが、意外と“こういうところでなければ嫌!”と決めなければあるものなのです。

アドレスホッパーの人達が利用する宿泊施設などは・・・

・ネットカフェ

・カラオケ店

・スーパー銭湯

・ゲストハウス

・ホステル・ホテル

・Airbnb

・友人宅

ets・・・

こうしてみてみると、

「あっ、そっか、終電に乗り遅れた時に利用してる」

と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

カラオケ店で寝るのはちょっと防犯的に怖いですが、その他の施設などなら、寝ることが可能ですよね。

そう考えると、アドレスホッパーはやる気があれば、いつでもできそうです。

アドレスホッパーは貴重品や必需品、日用品をどうしてる?

スポンサードリンク

仕事や宿泊に心配がなくなったとして、貴重品や衣類などの必需品で持ち運びできないものはどうしているのでしょう。

今は便利な『サマリーポケット』や『weeks』という収納サービスがあります。

『サマリーポケット』では不要なものをかわりにヤフオクに出品代行もしてくれます。

月額¥5,800-かかりますが洋服も『メチャカリ』で1度に3アイテムまで借り放題な上に、送料もクリーニングも不要

お洗濯なら『しろふわ便』という選択代行まであります。

こうして考えると、アドレスホッパーは、本当にやる気さえあればできるんだな、と思ってしまいますね。

スポンサードリンク

-マツコの知らない世界, マツコ会議
-,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2019 All Rights Reserved.