爆報!THEフライデー

相田みつを 現在の家族(妻/子供)や両親は?経歴とプロフィールも気になる!

投稿日:

相田みつをさんは、独特な文字で人々に感動を与える言葉を添えて作品として数々残しています。

みなさんも一度は、目にしたことがあるでしょう。

そんな相田みつをさんですが、作品はとても有名ですが、ご自身の家族や両親のことなどはあまり知られていないのではないでしょうか。

両親のことや経歴を調べてみると、作品の暖かくほのぼのとした印象からは程遠く、過酷な人生を歩んでいました。

今回は、相田みつをさんの家族や両親、経歴などをご紹介いたします。

相田みつをの本名やプロフィール

相田みつをさんの本名やプロフィールのご紹介です。

相田みつを

相田みつをさんはこんな人

・名前 相田みつを

・本名 相田光男

・雅号 貪不安(ドンフアン)

・生年月日 1924年5月20日

・没日 1991年12月17日

・出身地 栃木県足利市

・職業 詩人、書家

相田みつをさんの本名は相田光男

亡くなった年齢は享年67歳

1991年に道で転んで足を骨折。

入院すると骨折だけではなく、脳内出血を起こしていることが判明。

のちにこのことが原因で亡くなってしまいました。

67歳というのは少し早い気がして残念です。

6人兄弟の三男として生まれます。

当初は、その独特な自体と文章でなかなか認められませんでした。

今現在では“書の詩人”“いのちの詩人”と呼ばれ、多くの人々が感銘を受けるまでに。

相田みつをさんの描く自体と文章で、心が救われた方も多くいるのではないでしょうか。

[ad#1]

相田みつをの経歴

相田みつをさんの経歴のご紹介です。

主な経歴

・1942年 歌会で曹洞宗高福寺の武井哲志氏に出会い、禅を学ぶ

・1943年 書家を志し、岩沢渓石氏に師事

・1950年 『栃木県芸術祭書道中央展』に“宿命”を出品

・1954年 『毎日書道展』に7年連続入選

・同年 足利市で初の個展を開催

・1955年 “ろうけつ染め”を学ぶ

・1974年 紀野一義氏のベストセラー『生きるのが下手な人へ』で紹介される

・1984年 詩集『にんげんだもの』出版

・1987年 詩集『おかげさん』出版

相田みつをさんは書家としてなかなか世に認められず、苦しい生活を送っています。

その為、書道の教師ではなく、“ろうけつ染め”を学び、地元の商店からデザインを請け負うなどして整形を立てていました。

そんな相田みつをさんの生活が一変したのが、『生きるのが下手な人へ』で紹介されたこと。

相田みつをさんを紹介した著者の紀野一義氏は、仏教学者で宗教家

この紀野一義氏が主催していた『真如会』の会員でした。

そのことから、『生きるのが下手な人へ』の中で相田みつをさんが貧乏書家として紹介することに。

この後、相田みつをさんはベストセラーを続けて2作品発表します。

[ad#1]

相田みつをの家族。両親が不仲で貧乏だった。

相田みつをさんは6人兄弟の三男として生まれました。

兄弟が多いということもあるのでしょうか、その生活は、貧乏だったと言います。

また、両親は不仲で毎日喧嘩が耐えませんでした。

そのため、晩年には別居しています。

相田みつをの両親について

相田光男さんの両親についてですが、父親は、農家に里子へ出されていました。

小学校4年生で、刺繍職人として奉公に。

のちに、栃木県足利市に戻り、母親のエイさんと結婚。

刺繍職人として成功していましたが、機織り機に手を出して失敗してしまいます。

その後は、反物を自転車に積んで行商をしていたと言います。

また、母親のエイさんについては、詳細がわからず、専業主婦だったのではないかと思われます。

相田みつをの家族、長男・次男について

相田みつをさんの家族について調べて見ましたが、長男と次男について少しわかりました。

では、兄・長男の武雄さん、次男の幸夫さんについてご紹介いたしましょう。

長男・武雄さんは頭が良かったそうですが、家が貧乏なために中学校へ進学できず。

次男・幸夫さんも中学校には進まず、小学校を卒業すると、刺繍職人の道へ。

職人として働いたお金で、相田みつをさんを中学校に通わせてくれたと言います。

その2人の兄は、残念ながら戦争で命を落としてしまいました。

この後、母親・エイさんの精神状態が不安定となってしまいます。

[ad#1]

相田みつをが結婚した妻や子供の現在

相田みつをさんが結婚した妻と出会ったのは27歳の頃。

意を決して、短期大学の夜学へ入学した頃でした。

妻となる千江さんと出会います。

千江さんは相田みつをさんより2歳年下で実家は商家。

相田みつをさんは短大を卒業すると、1954年に千江さんと結婚

のちに2人の子供(長男・長女)に恵まれました。

一家は8畳の家に住み、相田みつをさんは、書道の先生で生計を立てていました。

ですが、それだけでは生活が苦しいく、地元の商店から包装のデザインを請け負う仕事にも就いていたことも。

そんな生活が紀野一義氏のベストセラー『生きるのが下手な人へ』で紹介してもらったことによって一変。

それは相田みつをさんが50歳の頃。

その後、さらに10年が経ち、作品が注目されました。

とても長い時間がかかりましたが、世に認められ本当に良かったですね。

現在の妻や2人の子供についてですが、妻・千江さんは『爆報!THEフライデー』が放送された2019年はご存命されており、2020年現在は94歳ということでしょうか。

2人の子供について、長女は不明でしたが、長男の一人さんは『相田みつを美術館』の館長を務めています。

相田みつを美術館
相田みつを美術館の営業や場所と時間が気になる!

相田みつをさんを皆さんご存知でしょうか? ご本人のことを詳しくご存知でない方でも、画像のような特徴のある字体と言葉を目にした事があるのではないでしょうか。 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス ...

続きを見る

[ad#1]

相田みつをの家族(妻/子供)や両親は?経歴とプロフィールのまとめ

相田みつをさんは子供の頃も大人になってからも大変だったことがわかりましたね。

相田みつをさんの作品がベストセラーとなり、亡くなるまでわずか7年。

「一文字を書いただけを集めた展覧会を開きたい」

と、長男の一人さんに語っていたと言います。

その願いは、叶わず、残念だったことでしょう。

もし、相田みつをさんが一文字だけを書いた作品を残しているのであれば、最後の希望を叶えてあげることは可能かも知れませんね。

相田みつをさんが残した作品は、この先もずっと、人々の心を癒し、励ましとなることでしょう。

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。



-爆報!THEフライデー
-,

Copyright© いろいろ知りたいブログ☆ , 2021 All Rights Reserved.