赤いバンダナの男(911同時多発テロ)ウエルズクラウザーの年齢、職業や内容はタニアヘッドの嘘だった!

“赤いバンダナの男に助けられた女は、嘘だった!”

 

 

2001年9月11日に起こったアメリカ同

時多発事件。

このことをご存知の方も多いのではないでし

ょうか?

 

 

この事件の際、赤いバンダナをつけた青年が

いまにも崩れ落ちそうな世界貿易センタービ

ルから、人々を救った、という話が話題にな

りました。

 

 

その人物の名前は

ウェルズ・クラウザー。

 

 

この男性に助けられたと名乗り、

有名になった女性の話は嘘だったのです。

スポンサードリンク

赤いバンダナの男性に命を救われたとし、

その後、有名になった女性がいました。

 

 

その前に、この赤いバンダナの男はどんな

人物だったのか、気になります。

 

赤いバンダナの青年はどんな人物だったのか?

スポンサードリンク

今回の『世界まる見え!テレビ特捜部』の

送内容はこちら。

【赤いバンダナの男】
2001年9月11日に世界を震撼させたアメリカ同時多発テロ。世界貿易センターのビルの内部では煙や炎が迫りいつ崩れてもおかしくない危険な状態。人々がどこに逃げれば良いのかもわからず窮地に立たされていたそんな時に、赤いバンダナをマスク代わりにした一人の青年ウェルズ・クラウザーが人々を導いた。
赤いバンダナの青年により生還を果たした人たちの証言を元に、勇敢な青年ウェルズの行動に迫る真実の記録。

出典:世界まる見え!テレビ特捜部公式サイト

赤いバンダナの男について、調べていると、

この男性に救われたと、嘘をついていた

女性が浮かび上がりました。

 

 

調べた限りでは、この青年の話は嘘であると

されています。

 

 

もしかすると、赤いバンダナの青年が崩壊す

るビルに取り残された人々を救った、という

話は実際の話で、人物だけ違ったということ

でしょうか?

 

同時多発テロの場所や内容について

スポンサードリンク

このテロは航空機を利用した、前代未聞のテ

ロでした。

その概要はこちら。

2001年9月11日にアメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称である。

航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ合衆国と有志連合は報復としてアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。また、航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来となった。

出典:Wikipedia

そして、事故現場となった場所がこちら。

現在この地は“グランドゼロ”と呼ばれて

います。

 

 

高層ビルに2機の機体が衝突し、ビルが崩れ

落ちる映像は、本当に凄まじいものがありま

した。

 

 

この映像は本当に実際に現実のものなのかと。

 

赤いバンダナの青年の名前や年齢など公表されている

スポンサードリンク

後で書きますが、この赤いバンダナの青年に

よる救出劇は、ある人物が巧みに作った嘘だ

ったということのなのですが、その青年の年

齢、名前、そして職業が公表されています。

 

 

赤いバンダナの男のについては

 

⚫︎名前 ウエルズ・クラウダー

⚫︎生年月日 1977年5月17日

⚫︎年齢 24歳(当時)

⚫︎職業 金融会社

 

このような人物であったとされています。

 

 

また、事件当時は、いつも身につけていた赤

いバンダナで口元を煙から守り、事件に巻き

込まれた人の避難誘導をしたということ。

 

 

このことから、この青年は

赤いバンダナの男”と呼ばれることとなりま

す。

 

赤いバンダナの男の話は一人の女性の口から語られた

スポンサードリンク

同時多発テロから5年経ったある日、その

時の生存者だという女性が現れます。

 

その女性の名前は、

タニア・ヘッド。

タニア・ヘッドは、外交官の娘で、高学歴

の才女でした。

 

 

事件当時、サウスタワーで仕事をしていて、

赤いバンダナのウエルズ・クラウダーに助

けられたと証言した人物。

 

 

その後、タニア・ヘッドはタワーで見つけた

という、指輪から、その指輪の持ち主の妻に

出会い、事故の詳細を語ります。

 

 

タニア・ヘッドは、生存者が立ち上げた生

存者のためのグループ『サバイバーネットワ

ーク』に参加。

 

 

義援金を募り、後援者を探しました。

 

 

のちにこのグループは公的機関と認められま

す。

 

 

そのことにより、生存者は、ワールドセンタ

ーの跡地へ踏み入れることが許されるように

なりました。

 

 

また、タニア・ヘッドは『ワールドトレーデ

ィングセンター』の跡地周辺を案内するウォ

ーキングツアーの責任者となりました。

 

赤いバンダナの男を語ったタニア・ヘッドの嘘とは?

スポンサードリンク

赤いバンダナの男の話は、タニア・ヘッドの

作り話であったことが発覚しました。

 

タニア・ヘッドは、ウエルズ・ヘッドに助け

てもらってはいなかったのです。

 

人々がタニア・ヘッドの話に騙されたのは

その話の内容が実に巧妙だったからです。

 

 

2005年9月には、『ナショナルトレーデ

ィングセンター』の跡地で赤いバンダナの男

性の両親だという人物と会い、事故の際、炎

で燃やされたという服の切れ端を用意。

 

 

206年には当時のジュアーニ市長やパキス

タン州知事と対面するなど、いつの間にか、

アメリカのテロの被害者のシンボルのよう

になって行きました。

 

人々から注目され、タニア・ヘッドの態度が急変!周りも疑惑を抱くように

スポンサードリンク

タニア・ヘッドは有名になる程、その態度に

変化が起きました。

 

 

これまでの行動により、いつしか『サバイバ

ーネットワーク』の会長に。

新聞で特集が組まれたりもするほどに。

 

 

この頃から、タニア・ヘッドの態度が横暴に

なり、さらに話の内容が辻褄が合わなくなっ

てきたのです。

 

 

そこで『ニューヨークタイムズ』は

“タニアの話が辻褄が合わない”

と掲載。

 

 

そのことを裏付けるために、本誌へ記事を掲

載1年前から、タニア・ヘッドの周辺を取材

していました。

 

タニア・ヘッドは嘘の塊だった!自らの名前も偽っていた!

スポンサードリンク

タニア・ヘッドの行動や発言がおかしいと

『ニューヨークタイムズ』が周辺を取材。

すると、驚きの事実が出てきたのです。

 

 

タニアが在籍していたという会社や大学在籍

がなく、婚約者の話も嘘だったことが発覚。

 

 

さらに、タニア・ヘッドはスペイン人である

こともわかったのです。

 

 

そう、タニア・ヘッドは本名ではなかったのです。

本当の名前は

アリシア・エステべ・ヘッド

 

事件当日は、バルセロナの『ESADEビジネス

スクール』で授業を受けていたのです。

 

そして、『ハーバード大学』の学位や『スタン

フォード大学』の経営学院を卒業した、として

いたことも嘘でした。

 

 

そして『メリルリンチ』に勤務していたとしま

したが、これも全くの嘘だったのです。

 

彼女の話が本当だと信じてしまうものに

“腕の傷”がありました。

 

 

この傷は事件当時にやけどを負った跡だと

していましたが、自動車事故で負った傷で

あることも判明しました。

 

アリシア・エステべ・ヘッドが赤いバンダナの男や一連のことが嘘と発覚後は?

スポンサードリンク

自らをタニア・ヘッドと名乗り、“赤いバン

ダナの男”に助けられたなど一連の嘘をつい

ていたアリシア・エステべ・ヘッドは、そ

の後どうなったのか?

 

 

虚偽について取材が相次いだが、全て拒否。

 

そしてニューヨークを去りました。

 

その後、2008年に彼女は自殺したという

噂が流れるも、2011年にニューヨークに

母親といるアリシア・エステべ・ヘッドを目

撃したという情報もあります。

 

 

果たして、姿を消したアリシア・エステべ・

ヘッドは現在どうしているのか?

本当に命を絶っているのか?

 

 

今回の『世界まる見え!テレビ特捜部』で新

たな情報がわかるのでしょうか?

 

今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問いただきまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

コメント