アンビリバボー

アリス・コリンズ DNA検査で父親はアイルランド系アメリカ人ではなくユダヤ系だった真相を暴く!

投稿日:

 

アリスがDNA検査で父親の出生の秘密を『奇跡体験!アンビリバボー』で

アリス・コリンズが『奇跡体験!アンビリバボー』で父親の出生の秘密を紐解く内容がこちら。

奇跡体験!アンビリバボー 謎が謎を呼ぶ!世界の衝撃ミステリー2時間SP

■ある日突然、日常を揺るがしたミステリー アメリカに住むアリス(64歳)は、大学で生物学を学ぶなど昔から化学に興味があり、興味半分でDNA検査を受けてみた。アリスだけではなく近年アメリカではDNA検査により、将来かかりやすい病気や自分のルーツを調べることがブームになっている。診断結果は「ルーツの大半はユダヤ系。アイルランド系はわずか34%」というものだった。アイルランドにルーツを持つ両親から生まれたアリスは、アイルランド系という遺伝情報が少なくとも75%以上はあると思っていた。64年間愛した家族は、本当は血の繋がらない他人だったのか?真相を追求していくと、家族の驚くべき秘密が明らかに!

出典:Yahoo!テレビG.ガイド

アリス・コリンズの年齢やプロフィール

ではアリスの年齢やプロフィールを紹介する。

・名前 アリス・コリンズ・プレビューク

・生年月日 不明

・出身地 不明

・居住地 アメリカ

アリスは一般人の為、そのほとんどが不明である。

年齢について、はっきりとしなかったのだが、問題のDNA検査を受けたのは2012年のようだ。

その検査から5年後が69歳ということである。

このことからご存命ならば今年(2019年)で71歳か72歳と言う事であろうか。

あと、6人兄弟であることがわかっている。

アリス・コリンズがDNA検査をした理由

[ad#1]

アリスがDNA検査を受けた理由はどのような事だったのか。

自分のルーツを知りたかった

これが理由であった。

また、アリスは昔から科学やDNAに興味を持っていたのだ。

特に父親のルーツを知りたいと思っていた。

アリス・コリンズの両親について

アリスの両親は共アイルランド系米国人

アリスを含め6人の子供を育て、そして敬虔なカトリック教徒。

しかしながら、父親の事務・コリンズについて気になることがあった。

それは

“幼い頃に孤児院に引き取られていた”

このことで、はっきりとした家系がわからなかったのだ。

アイルランドの移民の息子として生まれたと言うことだが、家系がはっきりしなかった。

そのことがアリスにDNA検査をしてみたい、と言う行動をさせたのだった。

アリス・コリンズのDNA検査はどんなものか

[ad#1]

アリスは、DNA検査をする事にした。

その検査方法は

“簡易DNA検査キット”

によるものであった。

近年、よく耳にする“簡易検査キット”。

それぞれの検査に応じて、自宅で必要なサンプルを採取。

それを郵送で送り返すと言うものである。

検査料金もそれほど高くなく、自分のスケジュールに合わせて検査を受けることができ、その上、検体を郵送すれば済む。

あとは、結果をメールで待つだけだ。

アリスの場合は唾液を検体として郵送すると言うもの。

そして数週間後の2012年の夏。

結果がメールで知らされた。

アリスの元に驚愕の検査結果が

[ad#1]

アリスは検査結果をメールで確認した。

しかしそこに記された結果は、DNAのおよそ半分はイギリス諸島の血筋そして残りの半分が・・・

欧州系ユダヤ人や中東、東欧民族の血筋

このような結果が。

アリスは思いもしなかった結果に、検査を行った会社へクレーム。

「結果が間違っている!」

と。

そして同時に妹のジェリーに相談した。

アドバイスは

「もう一度検査をして見たほうが良い」

と言うものであった。

そして、アリスは再度、DNA検査を。

そして2度目の結果は・・・

1度目の検査を覆すものではなかった。

この事により、アリスは、今まで両親と思っていたどちらかは

“どちらかは父でも母でもない”

と言う、受け入れがたい真実を突きつけられたのだ。

この時のアリスの心境を察することは、到底できない。

アリスに突きつけられたDNAの真実。その後のアリスは?

アリスはこのことで、父親ジムについて詳しく調べる事にした。

父親は『ニューヨーク児童虐待防止協会』から孤児院へ送られたことがわかる。

また、1913年9月23日に『ニューヨークのフォーダム市民病院』で生まれたこともわかった。

そして仮説を立てた。

「何らかの理由で、取り違えられたのでは?」

と。

そしてアリスは、DNAを元に父親の起源を辿る事にした。

アリスは、あるDNA提供サービスを量する事に。

米国にはDNA検査サービスを利用した達が情報開示を承諾した場合、サイトに情報を開示している。

アリスはそのサービスへ登録。

そしてそのサービスを利用し、情報の提供を承諾している人々のデーターから、父親のDNAに繋がる人物を探す事にしたのだ。

その数は、莫大なものであり、その中から父親のDNAに近い人物を探すことはとてつもない作業となった。

そんなんとき

「父親と同じ頃に生まれたユダヤ系の赤ん坊で、コリンズに似た“姓”のものがいないか探してみては?」

と、提案される。

もしかすると、名前が似ていた事で、当時の看護師が取り違えたと言うことがあり得るのでは?と言う事だった。

そのアドバイスを元に、コリンズに似た姓で、尚且つ、父親の生まれた生年月日に近い人物を探す事にした。

アリスは父親と同じ日に生まれた赤ん坊をつき止める

[ad#1]

アリスは、協力者から父親と同じ1913年9月23日に生まれた赤ん坊がいることを突き止めた。

そして、この赤ん坊の姉妹の子孫を探し出した。

この人物は女性で、ノースカロライナ州の教師。

事情を話し、DNA検査の協力を申し出た。

女性は検査を承諾。

そしてその結果は!?

血縁関係なし

残念な結果となってしまった。

その後も、アリスは諦めず、父親と同じ病院に同じ時期にいた全ての赤ん坊のについて調べ直す事にしたのだった。

そして、アリスと妹の染色体となんらかの関わりのある件数がわかった。

その数

31万1467件

とてつもない件数であった。

それでも今までと変わる事なく、手がかりがないか探し続けたのだ。

アリスの父親の出生がついに判明?

ある日、アリスは、DNA検査で血縁がないことが判明したいとこのノーランのDNA情報を閲覧しようと思った。

なぜか、ノーランとDNAの一部が一致する人物がいないか見てみようと思ったのだ。

すると最近登録した人物でジェシカ・ベンソンという女性がノーランと近い血縁関係であることがわかった

そこで、アリスはジェシカに連絡。

「ノーランのゲノムと比較させてほしい」

と。

その申し出にジェシカは同意。

そして検査を行い結果が。

その結果に対しジェシカが発した言葉にアリスは驚く事に。

「もっとアシュケナジ系ユダヤ人の血統が濃いだろうと思っていた。しかし、結果は自分がアイルランド系であることが判明した」

と語ったのだ。

ジェシカが、今回の検査に協力した理由に自分のユダヤ系の先祖についてもっと知りたかったという事であった。

しかし、結果は、アイルランド系であったというのだ。

この結果は果たして何を意味しているのか。

《編集中》



-アンビリバボー
-, ,

Copyright© いろいろ知りたいブログ☆ , 2021 All Rights Reserved.