セブンルール

文喫(ぶんきつ)有料の理由や評判、場所や料金、営業時間は?【セブンルール】

投稿日:

文喫、セブンルール

あなたは有料の書店に行ったことがありますか?

その書店は『文喫(ぶんきつ)』

そもそも書店は、無料ですよね?

 

筆者は、書店の中に喫茶ルームがあり、飲食しながら読書を楽しむことができる書店の存在は知ってい他のですが、『文喫』が『セブンルール』で紹介されるまで、有料の書店の存在を恥ずかしながら知りませんでした。

 

普通、書店が有料だったら、行かないような気もしますが、この『文喫』は土日は入場制限するほどで、とても人気があります。

今回は、『文喫(ぶんきつ)』の場所や営業時間はもちろん、どうして有料なのか、そして有料なのにどうして人気があるのかなどご紹介いたします。

関連記事→『文喫』副店長|林和泉がセブンルールに!系t歴やWIKIプロフィールについて

関連記事→『文喫』店長|伊藤晃の経歴やプロフィール

『文喫(ぶんきつ)』について

文喫、セブンルール

『文喫(ぶんきつ)』は『日本出版販売』が2018年12月に開業します。

人文科学や自然科学、デザイン・アートなどの書籍を約3万点、雑誌を90種類取り揃えています。

 

また、1タイトル1冊ということ。

 

これは

“一期一会感”

を大切にしたいからと言います。

今、この瞬間だからこの本に出会えたと、お客様に感じて欲しいと。

 

このような選書により、『文喫』に訪れたお客様の30〜40%のお客様が、本を購入。

この数字は、一般の書店よりも高い数字ということです。

スポンサードリンク

『文喫』が有料書店なのはなぜ?

このことについては、オープン直前まで議論となります。

何の為に入場料を取るのか、取るならいくらにするのか、と。

議論を重ねた結果、入場料を設定することに。

 

入場料を設定した理由は、このことによってお客様が

“本と出逢いに行こう”

というモチベーションが上がるのでは、と考えたと言います。

 

確かに入場料を払うのなら、何か目的を追って訪れようと、思いますよね。

このことで、スタッフも良い本を選書しなければ、と、良い意味でプレッシャーになっているとか。

『文喫』の評判や人気の理由

『文喫』の人気は何と言っても、入場料を払えば、一日中滞在でき、特定の飲み物が飲み放題というところではないでしょうか。

また有料ですが、グラタンやクロックムッシュなどもあり、飲食可能で、アルコールもあります。

 

また、無料で使用できるロッカーも完備。

フリーwi-fiや充電もでき、仕事にも使えるという、充実した店内。

ただし、すべての場所に電源はなく、大きめな電源アダプターには向かないとの情報も。

 

とりあえず、バッテリーが気になる人は、充電池を持参が良いかもしれませんね。

 

ほとんどが良い評判で、リラックスできるというコメントが多く見られました。

そして、必ず欲しい本が見つかると言うコメントも。

 

筆者の自宅近くにこのような書店があったら、と、『文喫』が近くにある方が羨ましいですね。

スポンサードリンク

『文喫』の料金

気になる料金についてですが、

・平日:1日1,500円(税抜)

・土日:1,800円(税抜)

で、一日中利用可能です。

 

また、「night cruising」として、

平日:19時〜1,000円(税抜)で利用可能

と言うことですが、現在は期間未定で、全日18時〜1,000円(税抜)で利用できるということです。

 

入場料を払っていても、あまり長時間いると悪いかな?と思ってしまいますが、入場料を払っていれば事前に一日中利用可能ということがわかっているので、時間を気にせずに利用できて嬉しいですよね。

 

人気のある書店なので、待ち時間や混み具合を考えると、午前中、もしくは夜(18:00以降)が狙い目という情報がありました。

 

待たなければ入れない場合は、整理券が配られ、基本店内で待つ形となります。

 

また、一ヶ月に何度も『文喫』を利用したい方には、お得な

『文喫定期券』

があります。

平日限定ですが、月額10,000円で何度でも利用することができます。

 

あと、スタッフが希望に応じて『選書』をしてくれます。

料金は

入場料 1,500 円(税別)+選書料3,000円(税別)

です。

 

『選書』をお願いすることで、今まで読んだことのないジャンルの本に出会えるかもしれませんね。

スポンサードリンク

『文喫』の場所や営業時間

『文喫』の場所や営業時間をご紹介いたしましょう。

・場所

〒106−0032

東京都港区六本木6−1−20 六本木電気ビル1F

・TEL

03-6438-9120

・営業時間

9:00〜21:00(L.O.2030)

・定休日

定休ではなく不定休

・『文喫』HP

https://bunkitsu.jp

営業時間ですが、現在、新型コロナウイルス感染症予防対策として、少し閉店時間が早まっているようです。

通常の閉店時間は22:00

 

また、定休日はないのですが、不定休ということなので、心配な方は事前に営業しているか確認の上、来店をおすすめします。

 

今回、『セブンルール』に副店長の林和泉さんが出演とのこと。

『セブンルール』のオンエア後は、混み合うこと必至でしょうね。

 

興味のある方は、すぐにでも行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

・『文喫』店長|伊藤晃の経歴やプロフィール

・『隆祥館書店』の場所や営業時間

・『隆祥感書店』店主|二村知子は元シンクロ日本代表で年齢や経歴は?

・三澤世奈の江戸切子が素晴らしい!作品や購入方法

・三浦香織|パーソナルトレーナーのトレーニングや経歴、プロフィール

・寺根亜弥|救命医の経歴や学歴



-セブンルール
-, ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2020 All Rights Reserved.