動物 アンビリバボー 動植物

チンプ・ヘブン(国立チンパンジー保護区)場所や見学はできる?リンダ・コーブナーが設立

投稿日:

 

チンプ・ヘブン

最近まで米国では、『国立衛生研究所(NIH)』が資金を提供し、生物医学研究所では、多くのチンパンジーがワクチン開発や医療実験の犠牲となっていました。

 

のちに、チンパンジーは絶滅危惧種に認定。

実験にチンパンジーを利用することが禁じられました。

 

そして、研究所に残っていたチンパンジーたちは、徐々に国立チンパンジー保護区にある『チンプ・ヘブン(Chimp Haven)』へ。

 

今回は『チング・ヘブン』の場所や見学ができるのかなどご紹介いたします。

関連記事→リンダ・コーブナーとチンパンジーが20年振りの感動の再会!

チンプ・ヘブンはリンダ・コーブナーが設立

 

リンダ・コーブナー

『チンプ・ヘブン』は、医療研究のために実験台となり、その役目を終えたチンパンジーを保護するために、環境活動家のリンダ・コーブナーさんが中心となり設立しました。

 

この設立は大変なことでした。

 

本来なら研究を終えたチンパンジーは殺処分される運命にありました。

しかし、リンダ・コーブナーさんは、殺処分せず、野生の生活に戻すという活動を始めます。

この活動も大変なことでしたが、チンパンジーを保護する施設を作るための条件も大変なものでした。

 

チンパンジーの飼育にあたっては主に以下のような条件があると言います。

・7頭を約1,000平方フィート(93㎡)で飼育する

・草や土、マルチなどの様々な自然の表面を整えた通年の屋外アクセス

・大きなグループすべてのチンパンジーが移動でき、餌を食べることのできる環境

・地上で十分に休むことのできる登山スペース

・毎日作られる新しい巣の材料

これらの条件を満たすことは、なかなか難しいことですね。

 

ですが、この一件難しいと思われる内容をリンダ・コーブナーさんはあらゆる手を尽くし、人々の温かい支援などを受け、ルイジアナ州北西部に保護施設『チンプ・ヘブン』を設立。

・200エーカー(80ヘクタール)の森林地帯に所在

・囲いは4エーカー(0,10ヘクタール)から5エーカー(2ヘクタール)の範囲

・ジャングルジムを備えた屋外の遊び場

・歩き回ることに十分な原生林

・一部は森林で覆う

・すべてが登山構造

・フルタイムの獣医ケア

この施設にはチンプヘブン約300頭のチンパンジーを約50人のスタッフが世話に当たっています。

スポンサードリンク

チンプ・ヘブンの場所は?

チンプ・ヘブン

ルイジアナ州キースビルにある国立チンパンジー保護区内に『チンプ・ヘブン』はあります。

詳しい場所を探して見ましたが、大まかな場所しかわかりませんでした。

 

動物たちに配慮して、場所をはっきりとわからないようにしているのかも知れませんね。

スポンサードリンク

チンプ・ヘブンは見学できる?

『チンプ・ヘブン』では、毎年約3回行われる“チンパンジーディスカバリーデー”が設けられています。

有料ですが、この日は訪問可能です。

 

ただ、残念ながら、訪問方法がわかりませんでした。

今回の『アンビリバボー』でチンパンジーを保護したリンダ・コーブナーさんを取り上げるということでしたので、何かわかればいいですね。

 

とりあえず、入場料や時間をご紹介いたします。

内容は下記の通りです。

《入場料》

・大人・・・10ドル

・6歳から12歳・・・5ドル

・5歳未満・・・入場無料

《時間》

・通年AM9:00から12:00まで

あと“チャプチャット&チューイベント”があります。

このイベントは、チンパンジーの生活をより詳しく見ることができ、朝食と昼食が用意されています。

料金は以下の通りです。

・大人・・・50ドル

・子供・・・25ドル

自然に近い環境で生活するチンパンジー達の姿に、私達はどのように感じるのでしょう。

癒しを感じるのでしょうか。

 

もし、そうだとしてもそのような姿の陰に、私達人間の為に、犠牲になっていたことを忘れてはなりません。

この世から、動物実験がなくなることを切に願います。

おすすめ関連記事

・コウノトリと孤独な老人の感動秘話をアンビリバボーで!



-動物, アンビリバボー, 動植物
-, , ,

Copyright©  気になるコト調べてみましたよ♪ , 2020 All Rights Reserved.